KINTOの法人契約の申込時に必要な書類は社長の運転免許証だけで大丈夫です。

その後審査がありまずが、審査通過後に必要な書類は、納車まで1ヶ月以上はあるのでその間に揃えれば大丈夫です。

 

その本契約の書類でさえ決算書は不要です。

「え?決算書いらないの?」ってちょっと驚きかもしれませんが、年商などは自己申告で大丈夫です。

 

法人契約をする際、いろいろと書類を揃えるのが面倒だし、税理士さんにも書類を出してもらう必要があるかなと気になってる社長さんもおられると思います。

でもKINTOはほとんど面倒な書類なく、申込みから納車まで完了します。

なのでぜひ、安心してKINTOを申し込んじゃってください。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

必要なのは社長の免許証、画像をアップロード

KINTOの申込時に必要な書類関係は、社長の免許証だけです。

画像を撮ってアップロードするだけ。

なので最初に免許証の画像(写真でOK、表裏)を撮っておくとスムーズに申し込みが出来ます。

ちなみに、代表権者が複数名おられる法人であれば、社長じゃなくても代表権者ならその方の免許証で申し込み可能です。

法人番号は必要です

申込時、書類ではありませんが、法人番号を入力する必要があります。

あらかじめ用意しておきましょう。

担当者を決めておこう

KINTOでは申込時に代表者の情報を入力する必要がありますが、別に窓口担当者と納車担当者の情報入力が必要です。

もちろん社長自身が担当になることも出来ます。

いずれの担当者も所在地(勤務地の住所)とメールアドレスの入力が必要になります。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

審査通過後に必要な書類

申込時は社長の免許証だけで大丈夫でしたが、審査通過から納車までの間にはいくつか書類が必要です。

主に車庫証明用の書類ですね。

詳しくはKINTOから契約完了後送られてくる案内で詳しく書かれています。

 

納車までに必要な書類

  • 社長個人の印鑑登録
  • 保管場所使用承諾証明書(賃貸の場合)
  • 自認書(自社の敷地内に駐める場合)
  • 保管場所の所在図・配置図
  • 委任状

※ 太字は自社で用意する書類、その他はKINTOから送られてくる書式に記入するだけ。

必要書類1:社長個人の印鑑登録

KINTOの法人契約では、社長個人が契約の連帯保証人になります。

そのため社長個人の印鑑登録証明書が必要になります。

必要書類2:保管場所使用承諾証明書もしくは自認書

車庫証明に必要な書類です。

賃貸駐車場の場合は「保管場所使用承諾証明書」が必要です。

駐車場の証明書ですね。駐車場、使ってもいいよーっていう証明書です。

駐車場の管理会社でもらえますし、黙ってても新規契約時にもらえるのが普通です。

 

自社の駐車場の場合は「自認書」

自認書は書式がKINTOから送られてきますので、自分で記入して捺印すれば完成。

自社の敷地内に駐車場がある方は、この書類については、あまり気にしなくてもいいですね。

 

 

賃貸でも賃貸物件に車庫がセットな場合は自認書でOKです。

必要書類3:保管場所の所在図・配置図

保管場所の所在図・配置図は手書きの地図です。

書式はKINTOから送られてきます。

 

これらの書類は車庫証明を取得する際、警察が実際に見に来て確認するためのものです。


警視庁のHPから

 

早い話、駐車場の地図ですね。

配置図は敷地内のどこに駐めるかっていう図です。

賃貸駐車場の場合はどちらの図も、管理者が持ってる場合が多いので、保管場所使用承諾証明書をもらうときに一緒にもらってください。

必要書類4:委任状

委任状は3種類あります。

車両登録用の委任状 、車庫証明用の委任状 、ETCセットアップ委任状

いずれも車の各種手続きをディーラーにお任せします!っていう書類。

書式はKINTOから送られてきて、記入捺印するだけなので、まああまり気になさらず。

印鑑

書類じゃないですが、後は印鑑をご用意ください。

会社の実印と角印、社長個人の実印が必要です。

支払いは法人名義のカードか銀行引き落とし

毎月のお支払いに関しては法人名義のクレジットカードか、法人名義の銀行口座からの引き落としになります。

社長の個人カードや個人口座では支払いが出来ませんのでご注意ください。

まとめ

KINTOは、とりあえず社長の運転免許証だけで審査申し込み出来ます。

その後、いくつか必要な書類がありますが、納車まで時間があるのでゆっくり揃えれば大丈夫です。

面倒な決算書を用意しなくていいのは助かります。

 

審査判断はほぼ自己申告で行われるようです。

もちろん帝国データバンクなどの情報は照会するかもしれませんが、しっかり売上を上げている法人様ならまず問題ないでしょう。

 

KINTOは若い社員や、複数の運転手を抱える法人様、また社長の車として使いたい法人様にはありがたいサービスです。

ぜひKINTOで新しい仲間を迎えて、より売上アップを目指してください!

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧