一般のカーリースの場合、返却時にその車の人気が下がっていて中古車としての価値が下がっていたり、またリースしていた車に修理歴があると、返却時に差額を払う必要があります。

KINTOも同様に、返却時に査定されて、差額を支払う必要があるか気になるところですが、基本的には返却時には何も支払う必要はありません。

KINTOには返却時の査定はありません

もちろん走行距離制限を超過したり、禁止されている車内喫煙があったりしたら、その分の支払いをする必要はありますがルールを守って乗ってる以上は返却時の支払いはありません

なので安心して新しい車をあなたの相棒として迎えてあげてください。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

他のカーリースは返却時に数十万円かかることも

一般のカーリースでは返却時の査定があり、残価精算を行う必要があるケースが結構多いです。

冒頭でも書きましたが、その車の市場価値が下がったり、修理歴があったりすると中古車としての価値がカーリース会社が想定していたより下がるので、その分ユーザーが負担しなければならない事態に陥ります。

修理歴は分かるとして車の市場価値が下がるだなんてそんなの知らねーよ!って思いますが、そういうルールなんですね。

市場価値はその車の人気が無くなるだけではなく、人気がありすぎて中古車市場で飽和状態になることでも下がります。

KINTOはなぜ返却時の精算が不要なの?

一方KINTOでは、市場価値の低下なども勘案した価格設定になっています。

なので返却時、車の市場価値がどうであろうが、どんな大きな修理歴があろうが、返却時はお金を払う必要はありません。

それなのに他のカーリースより安い金額設定なのは何故か?というと、それはもうトヨタだからと言うしか無いですね。

KINTOはトヨタが自前で運営しているから、その分車を安く仕入れられるし、また資本力が大きいので不測の事態への対処も出来るんだと思います。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

KINTOで返却時にお金を払う必要があるケース

基本的に返却時にはお金を払う必要がないKINTOですが、あくまでルールを守ってた場合です。

以下のようなケースでは、追加生産をする必要があります。

走行距離が超過していた場合

KINTOは月1,500km、年間で18,000kmの走行距離制限があります。

返却時にこの走行距離を超過していた場合、1kmあたり11円の超過料金を支払う必要があります。

車に傷や凹みがあったりした場合

返却時に車に傷や凹みがあった場合、また修理が必要なダメージがあった場合は修理代金を支払う必要があります。

でも返却前に修理すれば問題ありません

KINTOの場合は事故を起こしても、保険で修理してくれます(自己負担金最大5万円)。

つまりぶつけたりしても、すぐに修理してもらえば問題ありません。

なんつーか、たぶん凹んでたり傷ついてたりするのに、こっそり返却するような悪い人対策なんだと思うんですよね。

ルールを守らない人っていますので、そういう人には厳正に対処するぞ!ってことなんだと思います。

ちなみに1m以下の凹みや傷は修理の必要もありませんので、そのまま返却しても大丈夫。

喫煙、穴あけ改造などの違反があった場合

KINTOでは喫煙や穴あけをともなう改造は禁止されています。

仮に返却時、車の中がタバコ臭かったりしたら、クリーニング代金を請求されることがあります。

またペットは禁止事項では無くなりましたが、ニオイが付いてて多少のことでは取れなかったりしたら、同じようにクリーニング代金などを請求されることがあります。

まとめ

KINTOでは返却時の査定はありません。

返却時に中古車市場の下落や、事故歴で精算が必要になることはありません。

ただし、走行距離超過や、修理が必要な場合、喫煙などの違反行為があった場合は請求されることがあるのでご注意ください。

つまりルールに則って利用していれば、返却時には何も請求されることはないということです。

 

やはりKINTOは任意保険を含めてコミコミなのに、月々の支払いが安いことはシンプルに魅力的です。

それなのに返却時の精算も不要なのはユーザーとしては嬉しい限りです。

ぜひ新しいパートナーをKINTOで迎えて、素敵なカーライフを堪能してください!

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧