KINTOを利用する際、月額利用料金以外でかかるお金は何でしょうか?

基本的には・・・

ガソリン代、駐車場代、高速代などのみ

まあ当たり前って言えば当たり前なんですが、自分で使う分はお金がかかります。

他にもいくつか、場合によってかかるお金もあるので、下に詳しく解説していきます。

 

KINTOにはどんな車がある?

 

 

自分で使うものはお金がかかる

自分で使うもの、つまりガソリン代、駐車場代、高速代などは当然自己負担です。あと、インテリアのドレスアップなどももちろん自分持ち。

まあそりゃそうだろって感じですけど。

 

修理のときは自己負担5万円

ぶつけたり、ぶつけられたりして、傷や凹みが車に発生したら、自己負担金が発生します。

修理の自己負担金は5万円

ぶっちゃけ、修理費用に100万円かかっても、自己負担金は5万円です。ただ、小さな凹みや傷は直す必要がないです。

詳しくはKINTOでぶつけたらどうなる?を参照してください。

 

中途解約時の手数料

仮に中途解約することになったら、そのときはお金がかかります。

解約手数料のイメージはこんな感じ

この図は3年プランですが、5年プラン、7年プランで早期に解約すると、結構な金額がかかります。なるべく中途解約はしないほうがいいですね。

ちなみに解約金フリープランだと解約金はかかりません。

参照:KINTOのプランはどっちがいい?

 

KINTOにはどんな車がある?

 

初期費用がかかる場合がある

契約時に月額利用料金以外の初期費用がかかる場合があります。

解約金フリープランでは初期費用がかかる

解約金が無料になる代わりに、初期費用がかかるっていうプラン。トータルの支払額はそんなに変わらないけど、初期費用がかかるから敬遠する人が多いかも。

基本的には初期費用フリープランを選択される方が多いみたいです。

 

逆にお金がかからないもの

KINTOで逆にお金がかからないものは何かと言うと・・・

  • 車両費
  • 車検代
  • 各種税金
  • 保険全般
  • 登録費用など諸経費
  • ロードサービス
  • 代車費用
  • 廃車代

車両費はまあ当たり前ですよね。車検、税金、保険などはコミコミの値段なので大丈夫。ロードサービスも付いてるので、わざわざ自分で入る必要はありません。修理の際の代車は、レンタカー無料サービスがあるのでそれで大丈夫。契約終了時の廃車代なども不要です。

 

まとめ

KINTOで月額利用料金以外にかかるものは・・・

  • ガソリン代、駐車場代、高速代など
  • 修理のとき、自己負担金5万円
  • 解約手数料、初期費用(プランによる)

以上、参考になれば幸いです。

 

KINTOにはどんな車がある?

動画で解説

 

KINTOにはどんな車がある?

KINTOって詳しく知ってます?

突然ですが・・・

KINTOって詳しく知ってます?

トヨタのサブスクってことで
CMとかWeb広告とか出てるけど

簡単に言うと

全部コミコミの月額新車

ってことなんです

 

車って車両価格以外にも、
税金、保険、車検、メンテってかかるでしょ?

それら全部ひっくるめて
月額課金なんですね

 

注目なのは任意保険も含まれているところ

月額料金は年齢などによらず誰でも一定なんです

なので任意保険が高い若者にはかなりお得で、
普通に買うより全然安くなる

家族が乗っても保険が効くしね

 

あとは法人契約が多いらしい

毎月支払いが一定になるのと、
社員が乗っても大丈夫だから

 

どんな車があるか?
月額いくらぐらいになるのか?

詳しくはKINTOの公式サイトで確認してみてください

見てみたらイメージわきやすいと思うから

 

KINTO公式サイト

動画で解説

よく読まれている記事