トヨタのサブスク、KINTOのプランには
・初期費用フリープラン
・解約金フリープラン
があります

 

結論から言うと・・・

・初期費用を0円にしたい人
・途中解約の可能性が無い人
・5年、7年の契約を考えている人
初期費用フリープランがオススメ

・3年契約を考えている人
解約金フリープランも検討しましょう

なんでそうなるのか、詳しく解説していきますね

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

ほとんどの人が初期費用フリープラン

まず最初に、KINTOで契約する人のほとんどの人が初期費用フリープランを選ばれています。KINTOでは最初に初期費用フリープランが出来て、後で解約金フリープランが作られた経緯もあって、KINTOのWEBサイトでは初期費用フリープランを前提に書かれていることも多いです。

やっぱり最初にお金がかからないってのは魅力ですし、ユーザーのニーズもそちらにあるようですね。

 

初期費用フリープランについて

初期費用フリープランの特徴を解説していきます。

もちろん初期費用が無料

当たり前ですが、初期費用フリープランは初期費用が不要です。

一方、解約金フリープラン月額料金の約5ヶ月分の初期費用がかかります。

 

解約金フリープランでの初期費用、実際の金額はどのくらいかかるのでしょう?
ヤリスの一番安いグレードで見てみましょう。

ヤリスの場合解約金フリープラン初期費用は188,430円になります。
そこそこまとまった金額ですね。

初期費用フリープランは、この金額が最初に0円になるのはデカいです

 

ヤリスだとこのくらいの金額ですが、例えばCH-Rなら286,990円、クラウンなら430,760円と結構な金額になりますしね。

このお手軽さから初期費用フリープランは人気のようです。

 

だけど中途解約したら解約金がかかる

一方、初期費用フリープランは途中で解約すると、中途解約金がかかっちゃいます。

 

中途解約金がどのくらいかかるかというと・・・

最大で月額利用料金の10ヶ月分

※ 3年契約の場合。5年契約だと最大15ヶ月分、7年契約だと最大20ヶ月分になります。

 

ヤリスの一番安いグレードだと、3年契約なら月額37,950円なので、最大379,500円もかかっちゃう。最大でってのは、契約初月で解約した場合で、契約年月が経つともちろん解約金も下がるんですけどね。

もちろん3年間の契約を満了したら解約金は0円です。

 

なので途中で解約するつもりがないなら初期費用フリープランで全然OK

 

解約金の仕組み

KINTOの初期費用フリープランの解約金の仕組みは、ちょっとだけややこしいです。

解約金は6ヶ月毎の区切り月だと安くなります。

下の図を参照してください。

こちらの図の通り、6ヶ月目、12ヶ月目、18ヶ月目・・・の区切り月が解約金が安くなり、それらの翌月が一番が高くなります。

だから解約するなら区切り月にしたほうがいいです。スマホの2年縛りみたいなものですね。

 

なので「来月からアメリカに転勤だ!」とか言われる可能性がある職場にお勤めなら、解約金フリープランの方が無難かもしれません。

 

解約金が不要なケース

ちなみに初期費用フリープランでも、途中解約金が不要なケースがあります。

死亡もしくはケガや病気で運転困難となった場合は解約金不要

大事故で手足が動かなくなっちゃったり、大病して運転どころじゃなくなったら、解約金は取られません。さすがトヨタ、そこまで鬼じゃない。

ただし、海外転勤や、免許返納の場合は解約金を支払う必要があります。以前は海外転勤や、免許返納の場合は解約金不要だったんですが、改定されて優遇措置はなくなりました。

 

ちなみに国内の引っ越しは解約しなくても大丈夫です。なぜなら全国にトヨタのお店があるからそこに引き継ぎOKです。

 

選べる契約期間

それぞれのプランの契約期間は以下の通りです。

・初期費用フリープラン→3年、5年、7年から選択
・解約金フリープラン→3年契約のみ

解約金フリープランで3年契約しか選べないのは、ちょっと自由度が低い感じ。一応、契約延長も出来るけど、その都度契約金が発生します。

5年契約、7年契約にしたいなら、初期費用フリープランを選ぶことになります。

その他のメリット3つ

上記に書いた以外にも、初期費用フリープランはメリットがあります。

・ボーナス払いが使える
・レクサス、モリゾウセレクションが選べる
・手数料払うと乗り換え可能

ボーナス払いは5.5万円、11万円、16.5万円から選べます。16.5万円は選べない車種もあります。モリゾウセレクションってのは現状GRヤリスのみ。たぶんすげー速いやつ。乗り換えはのりかえGOというサービスで、3年契約だと1年半経ったときに使えて、手数料は2ヶ月分。結構お得。(参考記事:のりかえGOについて

 

全般的に初期費用フリープランの方が自由度が高いですね。

 

初期費用フリープランの特徴まとめ

  • 初期費用が無料、解約手数料はかかる
  • 契約期間が選べる
  • その他の優遇措置有り

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

解約金フリープランについて

これは個人的な見解ですが、3年プランなら解約金フリープランが無難かもって思ってます。

 

なぜなら・・・

中途解約のダメージが無い

先程もお伝えした通り、初期費用フリープランの解約手数料は3年プランで最大月額利用料金の10ヶ月分。

 

突然海外転勤を命じられたり・・・
急に車に乗りたくなくなったり・・・

スピード違反などで免許取り消しになったり・・・
犯罪に手を染めて刑務所に入ったり・・・

とかなる可能性がまったく無ければいいんですが、人生何があるか分かりませんしね。

 

月額利用料金がちょっと安い

同じ3年契約でも、解約金フリープラン初期費用フリープランは月額料金が異なります。

ヤリスの一番安いグレードで見てみると・・・

初期費用フリープラン → 37,950円
解約金フリープラン→ 33,770円

となって、解約金フリープランの方が一割ほど安いです。

 

だけど満期時の総支払額がちょっと高い

先程お伝えした通り、解約金フリープランのほうが月額料金が1割ほど安くなるのですが、契約満了したときの、3年間の支払総額は解約金フリープランの方がちょっと高くなります。

 

またまたヤリスの一番安いグレードで比較してみましょう。

解約金フリープラン 初期費用フリープラン
月額料金 33,770円 37,950円
月額合計(3年間) 1,215,720円 1,366,200円
初期費用 188,430円 0円
解約金 0円 0円
合計 1,404,150円 1,366,200円
差額 +37,950円

※ 契約満了時なのでどちらも解約金はありません

差額は37,950円で、解約金フリープランの方が一ヶ月分高いんです。これは他の車でも同様です。

この金額差を安いと見るか、高いと見るかはその人次第です。個人的には解約のリスクがあるなら保険と考えてもいいと思います。

 

プランが3年契約のみ

これはちょっと痛い感じ。初期費用フリープランは3年、5年、7年と選べますが、解約金フリープランは3年契約しか選べません。

5年、7年で契約したいと考えているなら、自動的に初期費用フリープランになってしまいます。

 

解約金フリープランの特徴まとめ

  • 中途解約の心配無用
  • 月額利用料金がちょっと安い
  • 総支払額はちょっと高い
  • プランが3年契約のみ

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

 

まとめ

以上まとめますと・・・

  • 初期費用を0円にしたい人 → 一択
  • 5年、7年の契約を考えている人 → 一択
  • 中途解約するつもりがない人 → オススメ

 

  • 3年契約で考えている人 → 要検討
  • 途中解約の可能性がある人 → 無難

ということです。
参考になれば幸いです。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

動画で解説

以上の解説を動画でも解説していますので、良かったらご覧ください。

動画にコメントいただきました!

「分かりやすい解説ありがとうございました!!
解約金フリープランの方で申込を決めました。」

とのことです。こういう声をいただくのはとても嬉しいですね~~~。記事や動画作成して本当に良かったと思います!

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

よく読まれている記事