大学生、青春を謳歌するために車は必須アイテム!

友人との遊びにも、デートにも、車があれば大学生活はさらに楽しいものになります

でも高いのが車両代と任意保険代、なんとかならない?ってことでKINTOを検討している大学生も多いハズ。

 

KINTOって大学生でも契約できるの?ってことですが、大丈夫、契約できます。

ただし審査に通るかどうかは別の話ですが、実は意外と大学生の方が審査に通りやすかったりします。

このページでは、大学生がどんな車だったら審査に通るのか、どうやったらKINTOに契約できるのか、詳しく解説したいと思います。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

大学生は審査通りにくい?

KINTOって大学生が審査通りにくいイメージがありますね。

でも意外と通ったりします。

 

学生でKINTOに契約した人

 

実は、学生の審査枠は親の与信という噂もありまして、親が過去にトヨタファイナンスでローンを組んでいたりしたら、審査に通りやすかったりします。

もちろん噂レベルなので盲信は出来ませんが、審査を受けてみる価値は十分にあるってことです。

 

実際に学生だけじゃなく、ご自身の収入が0円の専業主婦でもKINTOの審査に通ってたりします。

なので学生だから通りにくいってのは間違いで、むしろ収入の割には通りやすいと考えたほうがいいかもしれません。

やっぱ年収高いほうがいいの?

KINTOの審査で年収を入力するところがあります。

 

やっぱり個人としての年収が高いほうが審査には通りやすいですね。

バイト代でどれくらい稼いでいるか、仕送りも年収に含めることが出来ますので、それも含めていくらあるか。

それで支払い能力を見極めています。

そもそも自己申告なので適当に書いておいてもOK ですが正しく申告しましょう

審査に通りやすい車

KINTOの審査基準の大きな判断材料は年収と支払いのバランスです。

なので一般的に安い車の方が審査には通過しやすいです。

審査するのも人の目が入るので、学生なのにクラウンとかレクサスとか申し込んでも否認される可能性が高いです。

 

ヤリスやルーミー、ライズなど比較的低価格な車を選んだほうが審査には通過しやすいです。

高くてもプリウスやカローラシリーズ、ノアぐらいにとどめておいたほうがいいかもしれません。

親KINTOに自分が乗るって方法もアリ

実はKINTOは契約者以外が乗ることも出来ます。

なので親に契約してもらって、自分がメインで乗るってことも全然OK。

遠方の大学に通ってて、一人暮らししている場合でも、親の契約で車に乗ることは出来ます。

この場合、月額料金はとりあえず親に請求が行きます。

ちゃんと自分が払うのか、親に払ってもらうのか。

親に払ってもらうなら、その分ちゃんと親孝行しましょう。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

大学生がKINTOにするメリット

これは大学生に限らないのですが、10代20代の若いうちは普通に車を買うよりも、KINTOに乗るメリットが大きいんです。
いくつかメリットがありますので、解説したいと思います。

普通に契約したら任意保険がバカ高い

ご存知の通り、若いうちは任意保険がバカ高いです。

若い人の事故率の高さが影響しているんですが、とにかく若いうちは任意保険代が高い。

KINTOなら年齢や保険等級によらず、一定の金額なので、25歳以下なら普通に買うよりも支払額は安くなります。

事故起こしても5万円で直る

KINTOに付帯している任意保険では、事故したときに修理が必要でも、自己負担金5万円で直してくれます。

仮に修理代が100万円かかったとしても、5万円で直ります。

普通に車買ったとしたら、車両保険に入って無ければ全額自分持ちですからね。

車両保険に入ってたとしても、保険を使うと翌年以降の保険料が上がっちゃうのでそれはそれで困った限り。

KINTOは事故を起こしても、月額料金が上がったりはしません。

頭金がいらない

KINTOの初期費用フリープランなら、契約時に頭金のようなまとまったお金を払う必要がありません。

なので欲しいときにすぐに乗れます。

毎月定額支払ってのもいいぞ

KINTOは毎月定額の支払いになります。

普通に車買っちゃうと、やれ保険代だの、やれ税金だの、やれ車検代だの、やれタイヤ交換だの、様々なイレギュラーな出費があります。

KINTOなら毎月定額なので、支払い計画が立てやすい。

車買うと分かると思うんですが、4月に自動車税の請求が来たら、ホント頭にきます。

そういうストレスが無いのもKINTOの魅力ですね。

Z世代はサブスクに興味あり

最近はKINTOの認知度が上がってきたからか、Z世代のサブスクへの興味が高まっています。

 

 

東京とその他で数字は変わるんですが、概ね8割ぐらいのZ世代が車を持つならサブスクも検討したいと回答しています。

やっぱ若い人にKINTOは魅力的ですからね。安いし。

あとWEBだけで申し込みから納車まで完結して、納車時までディーラーに行かなくて良いってのも魅力の一つかもしれません。

とりあえず審査受けてみよう

正直、審査に受かるかどうかは、その人次第。

実際に審査を受けてみないと分かりません。

一度審査に落ちたからと言って、次に受ける時は通りにくくなるとかはありませんので、まずは審査を受けてみてください。

 

一度しかない学生生活、今でも楽しいかもしれませんが、より充実させるためには車は絶対あったほうがいいです。

車を持っている学生のほうがモテるというデータも存在します(俺調べ)。

あなたの大学生活が、一気に楽しいものになりますよ。

ぜひ青春の1ページにKINTOで手に入れた新しい車を刻んでください!

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧