2022年8月に新型が発表され、前モデル同様、発売当初から人気モデルとなったトヨタ シエンタ。購入の際の税金はいくらぐらいかかるのでしょうか?その他の維持費も解説していきます。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

シエンタの税金の支払額

シエンタの税金の支払額は以下のとおりです。

ガソリン車 ハイブリッド いつ払う?
自動車税 30,500円 毎年4月
重量税 36,900円/
24,600円
0円/
15,000円
購入時/車検時
環境性能割 47,800円~
70,000円
0円 購入時
(車両+オプションの2%)
(自賠責保険) 27,770円/20,010円 購入時/車検時

自動車税はシエンタの場合、排気量が1~1.5Lなので30,500円。ハイブリッドでも同じ金額です。購入時の自動車税はタイミングによって異なります。3月納車だと購入時は自動車税は0円、4月に年額払う。4月納車だと翌月の5月からかかるので11ヶ月分払う感じ。

重量税は1.5t以下ということで、ガソリン車は購入時が36,900円、車検時から24,600円となります。登録から13年を超えると重量税は高くなります。ハイブリッド車はエコカー減税があるので、購入時は無料。車検時からは15,000円になります。

環境性能割は「割」とか付いてるけど立派な税金。ハイブリッド車は非課税だけど、ガソリン車はオプション込みの購入価格の2%。

自賠責保険は税金じゃないけど、強制だし税金みたいなものだからここに記しておきます。

 

一年あたりの税金(購入から3年間):14,257円~55,057円

一年あたりの税金(4年目以降):48,005円~58,955円

※購入時の税金は納車月によって自動車税が変わります。

新車購入時の税金支払額は環境性能割がデカいのでガソリン車とハイブリッド車で最大10万円ぐらい差がある感じですねー。やっぱハイブリッド得だなぁ。車両費は高いけど。

任意保険について

任意保険はその人の年齢と保険等級によって異なります。20歳以下で初めて任意保険に入る方だったら、30万円を超えます。逆に36歳以上で、等級が高ければ5万円代前半に。21歳以上、26歳以上、36歳以上で大きく保険料は変わって、年齢によっても変わります。

東京海上日動の見積もりを利用して、調べてみると年間の保険料は以下の通り。

 

一年あたりの任意保険額:5万円台~30万円台

10代だと30万円台!無事故を続けて36歳以上になると5万円台になります。

メンテナンス代など

車を持っているといろいろとメンテナンス代がかかります。最初の3年間でかかるお金を紹介しますと・・・

最初の3年間でかかる費用 回数
車検 60,000円 1回
タイヤ交換 60,000円 1回
オイル交換 30,000円 年2回@5,000円
定期点検 20,000円 2回

3年間で17万円ぐらいってことですね。もちろん車検を受ける場所などでも変わります。

 

一年あたりのの車検・メンテ代:約57,000円

最初の3年間の年間コストは?

以上でだいたいのコストが出てきましたので、ざっくりどのくらいかかるか計算してみますと・・・

 

一年あたりの維持費(購入から3年間):約12万円~約53万円

※ガソリン代、駐車場代、高速代など除く

一番安いパターンは任意保険が最安なのとハイブリッド車で税金が安いこと、一番高いパターンは任意保険が最高なのとガソリン車で税金が高いことが要因です。一番安くて月当たり10,000円、一番高ければ44,000円ほどかかる計算です。

 

ちなみに単純にハイブリッド車とガソリン車では購入時の税金が106,900円違いますので、月当たりだと9,000円弱の差が出ます。

ちなみに燃費&ガソリン代+駐車場代

シエンタのWLTCモードでのメーカー発表燃費と、だいたい1年間でどのくらいガソリン代がかかるか計算してみました。距離は1万km、ガソリン価格が165円としています。

燃費 1年間で
ハイブリッド2DW 28.5km/L 58,000円
ハイブリッド4WD 25.3km/L 65,000円
ガソリン車 18.3km/L 90,000円

シエンタ優秀ですね。ガソリン車でも18.3km/L走ってくれれば立派。ちなみに燃費は5人乗り車と7人乗り車で微妙に違いますが、ほとんど同じなので中央値を載せています。

 

駐車場代の全国平均は約7,500円なので、まー高めに設定しておいて1万円と考えれば・・・

1年あたりのガソリン代+駐車場代:178,000円~210,000円

となりますね。月あたり15,000円~18,000円ってところですかね。

税金とかの支払とか超めんどくせーーー!

正直、車の維持において、税金やら車検やらの突発的な支払いってダメージがデカい。金銭的なダメージだけじゃなく、支払い手続きも面倒。これだけでしばらく嫌な気分になりますよね。

 

税金の支払いとか面倒くさいと考えてるなら、トヨタのサブスクサービスのKINTOを検討してみてはいかがでしょう?

KINTOは車両費だけではなく、任意保険や車検代、税金まで月額利用料金に含まれていて、車にかかる費用はガソリン代や駐車場代以外は、月額利用料金だけ払えば良いというシステムです。タイヤ交換なども無料でしてくれます。

 

シエンタなら月額2万円台から乗れます

→正確な月額料金はKINTO公式サイト

 

維持費だけで最低でも1万円、高ければ4万円以上かかると考えれば、かなりオトクだと思います。最大のデメリットとしては契約期間が終われば車を返却しなければならないことでしょうか。でも、少なくとも乗ってる間は安く済みますし、何より税金や車検の手続きなどをしなくてもいいのがうれしい。

一度、検討だけでもしてみてください。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

動画で解説

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

よく読まれている記事