トヨタKINTOの料金が高い!

とネットなどでも取り沙汰されています。「KINTO」と検索を入れるとサジェストに「KINTO 高すぎる」と出るぐらい。KINTOは本当に高いのでしょうか?利用者としては事実に基づいた情報で判断したいものですが・・・

これはヤリスクロス Zグレード ガソリン車2WDで、それぞれ5年ローン、5年契約で計算しました。ローンのお値段はトヨタのシミュレーション、金利は5.9%、KINTOは公式HPで見積もりを出しました。

実際には月々の支払いはKINTOのほうが若干安いですね

なのでKINTOが高すぎるというのは、ちょっとKINTOには失礼な言い方だと思います。高すぎるなんてことはなく、むしろ安いのです。しかもKINTOには、任意保険、税金、車検、メンテ代など車にかかる経費がほぼ付いてる

ローンは車両費だけなので、毎月のランニングコストはさらに増えます。条件によってはKINTOの方が高くなることもありますが「KINTO高すぎる」はさすがに言い過ぎです。

しかしながらKINTOはリース契約なので車は自分のものにはならず、契約終了時には返却しなければなりません。ローンで購入の場合は、ローンが終了したらお金を払わず乗れますし、車を下取りに出すことも可能です。

KINTO:維持費が無料
購入:車は自分のものになる

という差があるわけです。つまり維持費を払わず毎月の支払いだけにするか、維持費は払いつつ最終的には自分の車にするか、どっちが良いかは乗る人の価値観次第となります。金銭的な面だけ言えば、維持費の合計か、ローン終了後の下取り価格か、どっちが高いかが焦点になると思います。

 

KINTOにはどんな車がある?

KINTOかローン、結局どっちが割高か?

では結局、ローンかKINTO、どっちが割高なのか調べてみましょう。

こちらはKINTO公式サイトで出来るシミュレーションです。

条件は

車種: ヤリス クロス Z GAS 1.5L 2WD(5人)
年齢: 誰でも運転OK
利用期間: 5年 (初期費用フリープラン)

で計算しています。基本的にはKINTOが安いですね。もちろんKINTO自身が出してるシミュレーションなので有利にはしているでしょうけど、これ見てもらっても「KINTO高すぎる」ってことは無いと思います。

問題は保険料と下取り価格です。

このシミュレーションでは保険が年齢制限無しにしています。KINTOの金額は代わりませんが、購入の場合はランニングコスト大きく変わってきます。仮に35歳以上で同じシミューレーションをしてみると・・・

購入の場合は年齢制限無しと比べて、月1万円ほど、総支払額にして60万円変わってきます。この時点で一括購入が一番安いですが、ローン購入よりはKINTOのほうが安いですね。もちろん金利の問題です。これを見てもらっても、やはり「KINTO高すぎる」は言いすぎです。「KINTOさほどお得ではない」ぐらいが表現としては良いかもしれません。

あとは下取り価格が問題です。こちらもKINTOのシミュレーションなので、下取り価格は安めの印象を受けます。もうちょっと高くても良いのかなぁ。でも、正直言って5年後の下取り価格なんて分かりません。2024年現在、中古車価格は高いままですが、ビッグモーターの問題や、半導体不足の改善があれば新車の納期が短くなり中古車価格も下がるかもしれません。また事故などがあれば下取り価格は下がります。なんのかんの言って、下取り価格って不確定要素が多いんですね。

毎月の支払額を抑えたいならKINTOはいいかも

先程述べた通り、金銭的にはKINTOがお得だったり、まあ言うほどでもないなという感想が多いかもしれません。ですがもし、今の毎月の支払額を抑えたいならKINTOはオススメです。

もう一度、先程のシミュレーションを見てみましょう。

実際の支払いはどうなるかで、追記してみました。維持費は月割にしています。一括購入の場合、毎月は維持費だけなので一番抑えられます。もちろん最初に大きなお金を払わなくてはなりません。ローンの場合、シミュレーションでは下取り価格を引いた金額で計算されていますが、実際に毎月支払っていかなければならない金額は赤字で書いた72,275円なわけです。5年後、下取りで73万円ほどもらえるわけですが、毎月の支出はしっかりある。KINTOの4.6万円と比べると結構な差があります。

実際に毎月払う金額(維持費均等割)

ローン:72,275円
KINTO:46,200円

重ねてになりますが、KINTOでは最終的には車は返却の必要があります。なのでローンが終了したあとの自由度は無いですが、毎月の支払額を抑えたいという目的だけならKINTOはかなり有効だと思います。少なくとも損はしないですからね。

KINTOは事故のときも査定が下がったりしない

普通に車を買うと事故を起こしたりすると下取り査定が下がってしまいます。KINTOは最高5万円で修理してくれますし、何回も事故を起こしたからと言って、追加料金を取られることもありません。そういう面でも金銭的なメリットはあります。

KINTOにはどんな車がある?

KINTOでもレクサスはやっぱり高い

「KINTO高すぎる」はさすがに言い過ぎと言ってきましたが、レクサスはさすがに高いです。

こちらは2024年2月19日現在のラインナップです(リアルタイムのラインナップはこちら)。一番高いレクサスRZでなんと170,500円!この車はBEV(電気自動車)専用車種で800万超えですから高いのはうなずける。レクサスは基本的に3年契約なのでどうしても高くなります。それにしても17万はえぐい。

bz4xもKINTOは10万円超え

同じくBEV専用者のbz4x。最初はKINTOだけの車種でしたが、こちらも10万円を超えてました。BEVはトヨタと言えどノウハウが少ないので、3年以上乗った後の状態がどうなるか分からないから、高めなんだと思います。

KINTOにはどんな車がある?

3年後、5年後、7年後の総支払額はどう変わるか?

KINTO、一括、ローンで3年、5年、7年の総支払額はどう変わるのか調べてみました。

今回もヤリスクロス Zガソリン2WDで、保険は誰でも乗れる条件です。

いずれの場合も年数が増えると総支払額は増えますが、毎月の支払いは減ります。ローンとKINTOを比べると、3年だと月々22,080円差がありますが、7年だと13,830円の差に縮まります。長く乗ればローンとKINTOの差は少なくなるということですね。

KINTOの方が損するケースとは?

ローンと比べるとやっぱり支払額は安くなるKINTO。でも損するケースもあるんじゃない?ってことで考えてみました。

KINTOの方が損するケース

任意保険が安い人
下取りの価格が上がったとき

等級が上がってて任意保険が安い人はKINTOにすると金銭的メリットはあまり無いかもしれません。どっちかというとKINTOは若者に訴求したサービスです。任意保険が高いのも一因で車離れしている若い人にオトクなように設定されていますので、任意保険が安い大人にはあまりメリットは少ないかも。

また近年は半導体不足で中古車価格が上昇しており、それに伴い下取り価格、買取価格も高騰しています。新車のアルファードをそのまま売れば新車価格以上の買値が付き、儲かってしまうほど。まあこんな状況はいずれ終わると思いますが、ローン終了後に買取価格が上がってることもありえますので、そのときはKINTOじゃなく買っとけばよかったかなーって思うかもしれません。

KINTOにはどんな車がある?

まだまだ続く!KINTOは高すぎるのか?の情報

KINTOが提供する多様な選択肢—豊富なラインナップとそのメリットを解説します。

自動車リースを検討している皆さんへ、トヨタの多くの車種に加え、高級感あふれるレクサスのモデルも簡単に運転できるサービスがあることをご存知ですか?それがトヨタのカーシェアリング・リースプラン、KINTOです。多様なニーズに応え、幅広い選択肢を提供することがKINTOの独特の強みです。

まず、ラインナップの豊富さについて説明しましょう。トヨタの信頼性の高いさまざまなモデルを選べるだけでなく、スポーティで洗練された魅力のレクサスも選択肢に含まれます。これは、予算や目的、スタイルを問わないさまざまな人が最適な車を見つけられることを意味し、カーライフに新たな可能性をもたらす点です。

次に、リース期間中のモデル変更の容易さも重要な点です。例えば、家族が増えたときにはより広い室内空間を提供するSUVへの乗り換えが可能ですし、趣味でオフロード対応車を求める場合でも、柔軟に対応できるのがKINTOのメリットです。リース期間の更新時に最新モデルへの乗り換えも検討でき、これにより常に最新技術とデザインを体験する喜びが得られます。

しかし、注意しなければならないのが、各選択に伴う料金プランです。車種によって月額リース料に差がありますので、利用するサービスの内容をしっかりと理解することが大切です。利便性と経済性のバランスを検討し、慎重にプランを選ぶことが重要です。また、契約時には保険やメンテナンス、税金など、さまざまな条件を確認し、総合的なコストを計算することが必要です。

KINTOを通じて、個々のライフスタイルに合ったカーライフを実現しましょう。KINTO特有のラインナップの広さと利用の柔軟性が、賢く快適な自動車生活の扉を開くでしょう。

 

確かに・・・

KINTOの料金プランは高いと感じることもありますが、内容を理解すると充実したサービスが含まれていることが分かります。月額料金には税金、任意保険を含む保険料、定期メンテナンス費用が全て含まれているため、初期費用や突発的な出費を抑えたい方にはメリットが大きいです。また、KINTOはトヨタ車、レクサス車と常に20車種以上の車が用意されており、最新のトヨタ車に気軽に乗ることができます。なので、トヨタの最新技術や快適な運転体験を常に享受できる大きな利点があります。しかしながら、KINTOのリースプランを利用する際には、契約期間中の走行距離に制限がある点や、契約解除の際のペナルティについて理解しておく必要があります。これらの条件が自分のライフスタイルや利用パターンに合っているかを検討することが重要です。

KINTOを利用する際には、料金だけでなく提供されるサービス内容を総合的に評価し、他のリースサービスと比較検討することが大切です。結果として、KINTOのプランは長期的にはコストパフォーマンスに優れた選択肢になる可能性があります。トヨタKINTOの料金が「高すぎる」という声もありますが・・・実際にはどうなんでしょう?そしてなぜ「高すぎる」と言われるのでしょうか?その辺りを探っていきたいと思います。

 

KINTOにはどんな車がある?

なぜKINTOは高すぎるというイメージになったのか?

トヨタのカーリースサービス「KINTO」が提示する料金には、多くの利用者が「高い」と感じる理由がありますが、それには複数の要因が関わっています。

料金に諸費用全てが含まれるから

見かけ上は他のリースプランと比べて月額料金が高く設定されているように思われますが、この料金には車両代金だけでなく、任意保険を含む保険料や車検費用、定期メンテナンス費用、そして税金などが含まれています。このオールインクルーシブの料金設定は、ドライバーが様々なコストについての不安を解消し、安心して愛車を楽しむための仕組みですが、見かけ上は高くなります。実際に車を購入する際は維持費のことは忘れがち。

サブスクって怪しいよね

昨今、いろんなサービスで名を聞くサブスクですが、やはり中にはサブスクへの拒否感がある人もいます。一般的なサブスクの例になりますが、案外、サブスクでも安くなかったり、勝手に自動更新されたり、予期せぬ料金や厳しい利用条件が含まれていることがあり、これによって利用者は不快感を覚える場合があります。これらのことからサブスク自体に怪しいと感じている人も結構多いかもしれません。

さらにはKINTO自体がサブスクじゃないんじゃないの?っていう疑念もあります。いつでも自由に解約できる訳では無いというのが一番大きいかも。そんなことで「トヨタのサブスク」と冠せられているKINTOに対し、拒否感を感じている人もいるかもしれません。

カーリースへの拒否感

過去にカーリースと契約していたり、知人にカーリースのことを聞いたりして、カーリース自体に拒否感を感じている方もおられるかもしれません。長期にわたって考えると、リース料金の総額が車の購入価格を上回ることがあります。特に、リース契約が終了した後に車を返却すると、所有権がなく、投資したお金に対して何も残らないと感じる人がいます。

あとはカーリース会社によっては、細かい傷が付いても追加料金が必要だったり、返却の際に調整金を請求されたりする場合もあります(KINTOはありません)。そういう体験や話を聞いて拒否感を感じている人も多いかも。

また、これはKINTOも同じですが、多くのカーリース契約には年間の走行距離の制限があり、これを超えると追加料金が発生します。頻繁に長距離を運転する人にとっては、これが大きな制約となり得ます。ただし年間18,000km計算なので、一般のドライバーならそこまで走る人は少ないでしょう(KINTOの距離制限について)。

「KINTO 高すぎる」との声

実際にKINTOが高すぎると言ってる方がおられるのか?X(twitter)で「KINTO 高すぎる」で検索してみました。


確かになかなか難しい問題ですね。

 

駐車場高い!確かにそうですが、これは地域によるかなぁ。KINTOも駐車場やガソリン代込のプランがあればいいのにw。

 


確かにアルヴェルは高い!まあもっと安い車もありますが、いい車乗りたいですもんね。

 


確かに保険等級によってはそれほどお得感は無いかも。

とまあ、ざーっと見てみましたが、それほど数が多いわけではありません。そんなに多くの人が「KINTO 高すぎる」と言ってるわけでは無いようです。

本当に高すぎる?KINTOとローン購入の料金を比較

では本当にKINTOが高すぎるのか?ローン購入の場合とKINTOを比較してみたいと思います。

車は

シエンタ G GAS 1.5L 2WD(車両価格2,300,000)を選びました。比較は他の車ならちょっと変わるかもだけど、まあだいたい同じ感じです。KINTOは5年契約、ローンも5年60回払いで、金利と下取り価格はトヨタHPのシミュレーションに倣いそれぞれ設定。金利は5.9%。

KINTO  ローン購入
毎月の支払額 45,540円 44,300円
支払総額* 2,732,400円 2,661,509円
 任意保険*  0円 529,800円
 車検時支払い* 0円  100,000円
 自動車税 0円 122,000円
タイヤなどメンテナンス全般 0円 180,000円
5年後下取り 0円 -850,000円
5年の合計 2,732,400円 2,743,309円

※支払総額は金利・諸経費、車検時支払いは自賠責保険、重量税を含む。任意保険は損保ジャパンシミュレーターで30歳、車両保険あり、ブルー免許、10等級で計算。

実際にはローン購入とKINTOでは5年間で1万円弱の差ということで、総支払額はほぼ同じです。毎月の支払額もほぼ同じ。KINTOは諸経費がコミコミですが、通常ローンだと下取りがある感じ。

これを見ると「KINTO 高すぎる」ってのは言い過ぎな感じしませんか?下取り価格の変動もあるので「KINTO 若干高くなる可能性もあるよ」ぐらいが妥当です。もちろん一括で買える人なら金利がいらない分、安くなりますが、一括で買えるぐらいお金持ちなら最初から一括で買いますしね。

ここで検討しなくちゃならないのは4点!

1つ目は毎月の支払額
KINTOとローンでは同じぐらいの支払額だけど、ローン購入の場合は諸費用はその都度払わなくちゃならない。ちなみにローン購入で諸費用も毎月均等に払うとなると毎月59,888円になり、結構出費が増える。まあもちろん下取りでお金は返ってくるけど、乗ってる間の出費はキツくなります。

2つ目は下取り価格の変動
今回は5年後の下取り85万円で設定していますが、5年後の下取り価格なんて正直予想できないわけです。2024年現在、半導体不足で中古車価格も上がってるから下取り価格は高くなるけど、5年後解消されていたら、もっと安くなる可能性もある。買取サービスを使えば下取りよりは高くなるけど、そんなに大きく変わるわけじゃない。逆にもっと高くなる可能性もあります。それは買う人にとっては期待ですけど、ギャンブル的要素があるかなと思うわけです。KINTOの場合は契約終了後、車は返却なので何も残らない。それはそれでちょっとさみしい。

3つ目は事故ったとき
あまり考えたくないですが、乗ってる間に事故を起こした場合。ローン購入だと自腹もしくは保険で直さなくちゃならないわけです。保険使っちゃうと等級も下がる。KINTOの場合は最大5万円で直してくれるからまあ安心。最悪、廃車とかになったら目も充てられない。購入の場合はローンだけ残っちゃう。もちろん車両保険で補償は降りるが、やっぱり等級は大幅に下る。KINTOの場合、廃車でもその場で契約終了で、追加料金とか払わなくていいので、その点の保険と考えてもいいかもしれません。

4つ目は任意保険の等級
今回、30歳、ブルー免許、10等級で計算しましたが、もっと年齢が上の人、等級が高い人なら任意保険が安くなるのでKINTOの方が高くなる可能性はあります。逆に20代で等級が低ければさらにKINTOの方がお得になります。

まとめると・・・

KINTO ローン購入
毎月の支払い 45,540円 59,888円
(諸経費均等割)
5年後 契約終了で何も残らず 下取り額が入る
下取り価格の変動 影響なし 影響あり
事故ったら 最大5万円 自腹

ということです。下取り価格が上がればローン購入の方がお得になりますが、毎月の支払いが抑えられるのがKINTOのメリットと言っていいでしょうね。

KINTOと他カーリースの料金を比較

次に他社カーリースとも比較してみましょう。車は同じくシエンタ G GAS 1.5L 2WD(車両価格2,300,000)を選び、5年契約で計算しました。メンテナンスプランなどはKINTOの条件に合わせました。

月額利用料 総支払額
KINTO  45,540円  2,732,400円
コスモマイカーリース 52,360円+任意保険 3,141,600円
SOMPOで乗ーる 44,750 円+任意保険 2,685,000円
定額カルモくん 50,401円+任意保険 3,024,060円

これ見ると、ぶっちゃけ他のカーリースの選択は無いですね。KINTOが安いです。SOMPOで乗ーるは唯一、KINTOより安いですが、任意保険が含まれていません。

カーリースのサイトに行くと、最初は安い金額が提示されます。でもそれはほとんど何も含まれていない契約。メンテ代や車検代は別途支払う必要があるプランです。KINTOと同じようなサービスを付帯していくと、値段は結構高くなる。それを考えるとやはりKINTOは、カーリースサービスとして総合的なコストパフォーマンスに優れています。初めてKINTOの月額料金を見たときには高く感じることもあるかもしれませんが、他のカーリースでは付帯する追加料金が多く、保険料、車検費用、定期的なメンテナンス費用が別途請求されることは珍しくありません。

契約終了時に残価精算で高額請求されることもありますしね。

KINTOの料金体系はこれらの費用を含んでおり、見かけ上の金額と実際に支払う総コストが他のリースサービスとは異なります。長期契約を考えるユーザーにとって、メンテナンスの手間が省け、定期点検や故障時の追加料金なしの対応、代車の無料提供など、サービスの質を総合的に考えれば、KINTOのコストパフォーマンスは非常に高いです。契約終了時も追加精算無いし。

さらに、KINTOではオプションで冬タイヤへの交換やドライブレコーダーの設置などのサービスも提供されており、これらを個別に利用するよりもKINTOを通じて管理する方が、時間とコストの節約につながります。

したがって、KINTOのサービスを正確に理解し、総コストを比較すると、月額料金だけに注目した短絡的な判断ではなく、長期的な視野で賢い選択が可能です。リース利用時のメリットとデメリットを考慮し、最適な自動車ライフを選ぶためには、KINTOのコストパフォーマンスを見落とさないようにしましょう。

ただしKINTOの最大のデメリットはトヨタ車しか扱ってないところです。

 

KINTOにはどんな車がある?

 

KINTOの本当の魅力とは?高いところから安いところまで

トヨタのサブスクサービスKINTOは、戦略的なカーライフを提案しており、最初に高価に感じるかもしれませんが、背後には見逃せない価値があります。この記事では、一般に抱かれる高コストの印象と、KINTOの安心感や利便性などのメリットを細かく分析し、本当の魅力を探ります。

KINTOの料金体系は他のリースサービスと比べて高いですが、その理由はしっかりしています。まず、幅広いラインナップからトヨタの高品質な車を選ぶことができます。また、契約期間中のメンテナンス費用や保険が含まれているため、予期せぬ出費が抑えられ、安心してカーライフが送れます。

さらに、KINTOは「初期費用フリープラン」や「解約金フリープラン」があり、また契約年数も3,5,7年から選べ、オプションの有無も設定でき、多様なプランを提供しています。長期利用を前提としたプランや、短期間で車を乗り換え可能なプランもあり、利用者のライフスタイルや好みに合わせた柔軟性があります。

しかし、デメリットを無視できません。例えば、リース期間中のキャンセルでペナルティが発生することがあり、契約時に条件を確認する必要があります。また、リースのため所有権が自分に移らず、カスタマイズに制限があることも覚えておくべきです。

KINTOが単に高いという評価は表面的なものです。記事を読むと、利用者がどんなサービスを求めているのかが明確になり、KINTOのコストパフォーマンスを理解できます。では、なぜKINTOが高いのか、そして何が得られるのか、詳細を検証しましょう。

「高い」と感じるKINTOのプランとは?

多くの自動車利用者がトヨタのKINTOリースプランを初めて見たとき、その月額料金に驚くことがよくあります。従来のカーリースサービスやレンタカーに比べて高額に見える料金設定の背景には価値ある理由があります。KINTOの料金は、リース期間中に発生する整備費用や保険料を全て含んでおり、利用者は追加費用を心配する必要がありません。

KINTOは、車検費用、自動車税、保険料、定期的なメンテナンス費用といった自動車の維持に関わる費用を月額料金に組み込んでいます。このため、通常の車所有時に予期しないコストについて、利用者は事前に理解しやすく、計画的な予算管理が可能です。また、突発的な故障や事故が発生したときも、予算を逸脱する心配なく安心して対処できるという大きな利点があります。

このようにKINTOは、短期的には月額料金が高いと感じられるかもしれませんが、長期的な視点でコストパフォーマンスを考えるとその価値を実感できるサービスです。予期せぬ車両維持費用に悩まされずに、安心して車を利用したい方にとって、信頼性と透明性に富んだKINTOは魅力的な選択肢です。

頭金0円から始められるKINTOの安心プラン

トヨタのKINTOリースサービスは、高額な頭金を支払わずに新車に乗ることができます。初期費用に悩む必要がなく、月額料金でリース料金、定期メンテナンス、車検費用、保険料までがカバーされています。KINTOのプランを選ぶ利点は、購入時の大きな出費を気にせずに新しいカーライフを始められることです。さらにリース期間満了時には、返却するか車を購入するかを選べ、ライフスタイルの変化に応じて柔軟に対応できます。KINTOはコスト面のみならず、将来的な選択の柔軟性も魅力の一つです。利用者は無理なく経済計画を立て、新車で快適なドライブを享受することができます。

 

KINTOを利用する際の注意点

KINTO利用時のコストとメリット・デメリットの分析

KINTOを選ぶ際に考えるべきはコストです。多くの人が「KINTOは高すぎる」と言いますが、維持費や手間を考慮すると一概に高いとは言えないでしょう。リース料金には車両本体価格だけでなく、税金、保険料、メンテナンス費用が含まれています。これらを月額料金でカバーできるため、予期せぬ出費を心配する必要がありません。しかし、走行距離に応じた料金設定や契約期間も重要です。KINTOの利用を検討するなら、自分のライフスタイルに適したプランを選ぶことが必要です。

さらに、KINTOのサービス内容を精査することが大切です。車種の選択肢の多さや、定期的なメンテナンスが用意されていることは大きな利点です。長期的な車の所有に不安を感じる方にとっては、フレキシブルな契約期間がメリットで、車の買い替えに伴う手続きの煩わしさから解放されます。

しかし、注意すべき点もあります。例えば、契約途中での解約には違約金が発生することがありますし、契約期間満了後の車の引き渡し条件など、契約条項をしっかり確認し、理解することが重要です。そのため、契約前には条項を把握し、予期せぬトラブルに巻き込まれないようにする必要があります。

KINTOを使用するかどうかの判断材料として、コストだけではなく、サービスの特徴や契約内容を総合的に検討することが重要です。個人のライフスタイルや財政状況に適していて、KINTOの提供する利便性を享受することが、長期的に見て最適な選択となるでしょう。

KINTOの損を避けるためのポイント

トヨタのカーリースプログラム「KINTO」を最適に活用するコツです。このサービスを賢く使うためには、まず自分の生活パターンや車の使用頻度を的確に理解することが重要です。例えば、普段から車の使用が少ない方や、短期間での車利用を好む方には、走行距離に基づいたプランや短期契約が適しています。同様に、通勤や旅行で長距離を移動することが少ない人にも低走行距離プランが効果的です。

KINTO利用時のコストを適切に把握することも大切です。月額料金以外にも、保険料やメンテナンス費用、事故時に発生する費用などのトータルコストを明確にすることで、予期しない追加費用に備えられます。また、契約時に提供されるオプションサービスは魅力的ですが、本当に必要かを冷静に判断し、無駄のない契約を目指しましょう。

KINTOを上手に活用すると、自動車の利便性と経済性をバランスよく享受できます。KINTOを選ぶ際は、これらのポイントを心に留め、自分に合ったプランで賢くお得なカーライフを楽しみましょう。

任意保険の等級が高い人は割高になることがある

トヨタのKINTOリースを検討する際、多くの方が気になるのは支払い総額です。KINTOの料金プランには車両保険料が予め含まれていますが、任意保険の等級が高い人は、コストメリットに注意する必要があります。

具体的には、任意保険で高等級の人は、自己負担額の減少や割引特典が適用されやすく、月額料金が割安になることが多いです。しかし、KINTOの一律料金プランでは、個人の保険等級に基づく割引が反映されません。そのため、既に割引を受けている人は、KINTOの利用が比較的割高と感じることがあります。

このため、自動車リース契約では、自身の任意保険とKINTOのプランを詳細に比較検討することが重要です。現在の保険料やカバー内容を把握し、KINTOの料金プランや提供するサービスと比較してみてください。それにより、どちらが経済的な選択か判断するためのデータとして活用してください。

総合的にどちらがコストパフォーマンスに優れているかは、個々の任意保険の等級や条件によって異なるため、KINTOへサインアップする前に自分自身の状況を見極めることが重要です。

期間途中での乗り換えや解約時の注意事項

トヨタが提供しているカーリースサービスであるKINTOを利用する際の注意点について述べています。計画的に利用することで、「違約金」という予想外の出費を防げるというメリットを強調しています。契約書の確認と長期的なコスト分析をすることが、賢いリース利用のためには重要だと説明しています。

KINTOはトヨタが展開するカーリースサービスで、通常の購入と違い、長期間クルマを利用できます。しかし、契約期間内での車の乗り換えやリース解約を考える際、気になるのが違約金です。KINTOの契約では、一定期間が設けられており、契約前にその条件を確認することが重要です。

リース契約の性質を考慮し、期間中に解約や乗り換えを希望する場合があることを理解し、KINTOの違約金の発生条件とその金額を事前に把握することが肝心です。契約期間内に車の乗り換えや解約が必要になった場合、予想外の費用が生じる可能性があるので、契約書の条件を詳細にチェックし、計画的にリースを利用すれば、無駄な出費を防げます。

まとめれば、KINTOを検討している方は、車両リース期間やその間の解約に関する条項を把握し、長期的な視点でコスト分析を行うことが重要です。予期せぬ事態に備え、契約内容を再確認することがおすすめです。

「安い・高い」を考える際の総額コストの見極め方

トヨタKINTOの料金は総コストで判断すべきです。

自動車リースサービスKINTOを検討する際は、月額利用料金だけでなく、車検費用、定期的なメンテナンス費用、必要な自動車保険料、重量税や自動車税など、車所有に伴う総合的なコストを考慮することが重要です。これらのコストを含めて、KINTOの利便性や時間の節約、他のリースサービスや所有によるコスト効率を比較することで、KINTOの真の価値を判断できます。総額コストを正確に把握し、トータルで考えたときに、KINTOが提供する価値がユーザーにとって「高い」か「安い」か、その判断が明確になります。

7年間KINTOを利用すると本当に高いのか?

トヨタKINTOのリースプログラムに注目が集まっていますが、実際にこのサービスを長期間利用するとコストパフォーマンスはどうなるのでしょうか。7年間KINTOを利用すると本当に高いのかという疑問を持つ方は多いです。そこで、KINTOの7年利用時の全体コストを分析し、他のリースサービスとの料金比較をして、その実際の価値を探ってみましょう。

トヨタのリースプログラムKINTOでは、月額料金に加え、必要な保険料や税金、メンテナンス費用などが含まれています。これらの総コストを見ることで、サービスの実質的な価格が理解できます。多くの方が気になる初期費用ですが、トヨタKINTOは頭金が不要である点がメリットの一つです。また、車検費用もプランに含まれており、車検のたびの出費が不要で、定期的なメンテナンスもリース料に含まれているため、別途費用を心配する必要がありません。

他社のリースサービスとの比較をする際、KINTOは初期コストを削減し、継続的なメンテナンス費用を節約できる点が魅力的です。さらに、オプションで車両のカスタマイズが可能であり、契約満了時の柔軟な選択肢を提供しているため、多くの利便性を誇っています。細かくコストを比較すると、高いと捉えがちなKINTOも、実はコスト高ではなく価値高なサービスであることを再認識することが大切です。

以上から、7年間KINTOを利用することの高い印象は、検討すべき価値のある総コストであり、豊富なサービス内容を考えれば、KINTOが提供する価値は相応しく、コスト以上の満足を得られる可能性が高いと言えます。利用を検討している方は、これらの料金比較やメリット、そしてサービス内容をじっくり見極めてください。

 

KINTOにはどんな車がある?

 

KINTOって詳しく知ってます?

突然ですが・・・

KINTOって詳しく知ってます?

トヨタのサブスクってことで
CMとかWeb広告とか出てるけど

簡単に言うと

全部コミコミの月額新車

ってことなんです

 

車って車両価格以外にも、
税金、保険、車検、メンテってかかるでしょ?

それら全部ひっくるめて
月額課金なんですね

 

注目なのは任意保険も含まれているところ

月額料金は年齢などによらず誰でも一定なんです

なので任意保険が高い若者にはかなりお得で、
普通に買うより全然安くなる

家族が乗っても保険が効くしね

 

あとは法人契約が多いらしい

毎月支払いが一定になるのと、
社員が乗っても大丈夫だから

 

どんな車があるか?
月額いくらぐらいになるのか?

詳しくはKINTOの公式サイトで確認してみてください

見てみたらイメージわきやすいと思うから

 

KINTO公式サイト

動画で解説

よく読まれている記事