車に限らず、お金がからむことには審査がつきもの。KINTOではどんな人が審査に通っているのでしょうか?

概ねの目安は年収200万円以上

と言われています。もちろん年収200万円あっても落ちる人もいるし、年収100万円でも通る人もいます。じゃあどんな人なら通るの?ってことで、以下に詳しく解説していきますね。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

目次

KINTOの審査、こんな人が通ってる

ネットの情報などを調べていると、大体の目安として、以下のような人たちが審査に通りやすいようです。属性別に詳しく解説していきますね。審査通過をお約束するわけではないのでその点はご了承ください。

支払額が収入の1/3以下

これが一番重要です。KINTOで審査に通りやすいのは、収入に対して支払額が1/3以下であることです。つまり月額利用料が5万円の車なら年間で60万円、3倍の180万円、余裕を見て200万円ぐらい年収があれば審査に通りやすいわけですね。一番最初に書いた「年収200万円以上」というのは、月額利用料が5万円以下(ボーナス払い無しのとき)ならだいたい通るよーってことです。ちなみにここで言う年収は額面です。

KINTOで月額利用料が5万円以下の車は、ヤリス、ヤリス クロス、カローラ クロス、プリウス、ノアなど意外とたくさんあるので、結構たくさんの車種から選べますよ。→ 年収と乗れる車の一覧

正社員

これはなんとなく分かりやすいですね。しっかりとした会社で正社員として働いている人は、審査に通りやすい。仮に同じ年収であっても、自営業の人やフリーターの人よりも、高めの車で審査が通ることがあります。

フリーター

フリーターでもきちんと働いていて、きちんと収入がある人だったら審査には通ります。無論、正社員よりは通りにくいですが、目安として年収200万円以上なら通りやすいです。

自営業やフリーランス

自営業やフリーランスでも、収入が安定的にあれば問題なく審査に通ります。シーズンごとの収入が安定しなくても、年間通じての収入が安定していれば大丈夫。

年金生活者

年金生活者でも、現役時代に高給取りで年金たくさんもらってる人は通ります。目安としてはやはり200万円。年金の他にパートなどして合計で200万円あれば通りやすいです。

主婦

主婦で収入が少ない人でも結構通ります。旦那さんが正社員だったり、ちゃんとした定収があれば意外と通る。出来ればパートなどでご自身も収入があったほうがいい。

大学生

一見、審査が通りにくそうな大学生ですが、バイトである程度の収入があって、実家ぐらしだったりすると審査に通るときがあります。ただし通りやすいってわけではありません。もし落ちたとしたら、親に契約してもらうっていう方法もあります(後述)ので、あまり悲観しないように。

借金がある人

例え借金があっても審査に通ることはあります。銀行はもちろん、例えば消費者金融での借金でも、返済が滞って無ければ審査に通る可能性は高いでしょう。銀行で扱ってる住宅ローンや学資ローンなどはほぼ審査に影響しません(もちろん返済をきちんとしている必要あり)。

お金持ち

今は働いてなくても資産が十分ある人は審査通りますね。お金あんだったら車買えよ!って思うかもしれませんが、お金持ちほど無駄な金は使わないものです。それに税金や保険の支払い手続きが無いから楽っていう理由でKINTOにする人も。

法人契約

法人契約はさほど条件なく通りやすいです。ただし個人では不要な連帯保証人が必要。通常、代表取締役が連帯保証人となるので、社長の信用が低いと通らないかも。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

KINTOの審査、こんな人が落ちてる

逆に審査に落ちる、通りにくい人ってどんな人でしょうか?こちらも必ず落ちるってワケではないのでご了承ください。

支払額が収入の1/3以上

早い話、高い車は審査に落ちやすいってことですね。例えばアルファードの3年契約だと、年間の支払額は約104万円。審査に通過するには最低でも年収は320万円ぐらいは必要になります。

収入が安定しない人

先程は自営業やフリーランスでも審査に通ると書きましたが、その中でもまだ始めたばかりで仕事が軌道に乗ってなかったり、芸能人など収入が安定しにくい人は審査に落ちやすいですね。今年は年収600万でも、去年は年収150万円だった、みたいな人は低い方の年収で審査される可能性大。

大学生、下宿、仕送り生活

先ほど大学生でも審査に通ると書きましたが、家を出て一人暮らしして、さらには仕送りだけで生活しているとなれば、審査を通すのは難しいでしょう。
対処法:審査落ちたら家族に契約してもらう

ブラックリストの人

過去に自己破産、任意整理などを経験し、まだ抹消される年数が経ってない場合は審査に落ちる可能性は大。ただし諦める必要はありません。まずはご自身がブラックリスト入りしているかどうか、確認してみるのがいいでしょう。
ブラックリストでもKINTOの審査は通る?

KINTOの審査に落ちたときの対処法

仮に審査に落ちたとしてもまだ諦めないで!まだまだ審査が通る可能性はあります。KINTOでは審査落ちたら「審査落ちました~」みたいなメールが来るだけで、なんで落ちたのか、どうやったら通るのかなどは教えてくれません。でもやり方次第では今度は審査に通ることも。

まずはもう一度審査を受けると決める

一度審査に落ちたからってヘコまない。まずはもう一度審査を受けることを決めましょう。何度も審査に落ちたからって、別に怒られないし、落ちたから次も落ちやすくなるってワケでもありません。

ただし今までと同じなら通らないので対策は必要です。

月々の支払額を下げる

まず検討すべきことは、月々の支払額を下げることですね。やり方としては

  • 車のグレードを下げる
  • 契約期間を長くする
  • 解約金フリープランにしてみる

などが挙げられます。

一番手っ取り早くかつ重要なのは車のグレードを下げること。アルファードで審査に落ちたのならノアにする、ノアで落ちたのならヤリスにするなど。支払額を下げて、収入の1/3の支払額でもう一度チャレンジしてみてください。

年収的に通りそうなのに、微妙なところで落ちたんじゃないかなぁと思う場合は、契約期間を延長して、支払額を下げるのも手。月数千円下がる程度ですが、年間にすると数万円下がるのでそれで通る可能性はアリ。

また頭金的な考え方で解約金フリープランにするのも一つの手。毎月の支払額が下がります。

これらのやり方を一つ試すか、複合的に全部試してみるか。例えばアルファードの3年契約で審査に落ちたのなら、ノアで7年契約にしてみるとか試してみてください!

あくまで収入の1/3以内なら通るはず。ぜひ諦めないで~~~

家族に契約してもらう

KINTOは実は、契約者と使用者が別でもかまいません。契約者が認めた人なら誰でも乗っていいし、保険も適用されます。乗っていいよって契約者が言えば、赤の他人でも大丈夫なんです。なので家族、例えば配偶者や親などに契約してもらって、自分が乗ることが出来ます。

もし審査に落ちたら、代わりに審査通過してくれる家族にお願いしてみましょう。別居の家族でも大丈夫。ってか友人や知らない人でも大丈夫なんですが、後々トラブルになるかもなので出来れば家族にお願いしてください。ただし支払いは契約者が行うので、毎月その家族にお金を支払ってくださいね。

ちょっと期間を空けたら審査通ることも

例えばあなたが就職して一年未満だったりすると、勤務期間の短さから審査に落ちてしまうこともあります。またブラックリストに乗っていたとしても、5~10年経つとリストから消えます。もし審査に落ちたとして、そのような理由が考えれれるならちょっと時間を置いて再度審査を受けてみるようにしてください。

さらに審査が甘いカーリースにする

実はKINTOよりも審査が甘いカーリースがあります。こちらについては後述します。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

KINTOの審査は甘いのはなぜ?

比較的、審査が甘いと言われているKINTOですが、なぜ甘いのでしょうか?理由を順番に解説していきますね。

審査が甘い理由1:審査会社がトヨタファイナンス

KINTOの審査はトヨタファイナンスが行います。実はKINTOはトヨタファイナンスの子会社(つまりはトヨタ自動車の孫会社)。

つまり、子会社が親会社に審査を申請するわけです。身内で審査をするから審査が非常に通りやすいんですね。元々、トヨタの車のローンを組むために誕生したのがトヨタファイナンス。そもそも他の金融機関に比べて審査が甘いし、子会社のKINTOに対してはさらに甘くなります。

トヨタファイナンスにしてみれば、ローンで買ってくれてもKINTOでもどっちでも儲かるわけですが、KINTOなら自社の子会社も儲かるので、より甘くなるわけですね。

審査が甘い理由2:車の所有者がKINTO

KINTOの場合、法律的な車の所有者はユーザーではありません。所有者はKINTOになります。なので支払いが滞ったりしたら、法的に車を取り上げることが可能。もちろん一回ぐらい、カードの支払いが落ちなかった程度ではそんなことはされませんが、何か問題があれば車は返却してもらいやすいのです。

審査が甘い理由3:トヨタがKINTO推し

KINTOはトヨタの豊田章男会長が、当時トヨタの常務だったKINTO社長の小寺信也氏に「まったく新しい車の売り方を考えろ!」と無茶振りしたのが始まりです。なのでKINTOは章男会長肝いりで、全面的にバックアップしています。

そのためかトヨタはKINTOに、いろんな面で甘いです。例えば・・・

販売より短納期
KINTOの多くの車が販売より短納期です

KINTO専用Uグレードの設定
プリウス、ヤリス、ヤリスクロスにUグレードというKINTO専用グレードを設定。しかもKINTO Unlimitedという独自のサービスを展開。

KINTO専用車 bz4x
今は普通に販売しているけど登場時はKINTO専用車でした。トヨタ初の電気自動車SUVってことで注目集めるはずなのですが、これをKINTO専用にしちゃうなんてかなり甘やかしてる!

トヨタ公式サイトからリンクあり
これはもうヤバいです。トヨタ公式サイトから販売提案として、KINTOへのリンクを各車種のページからリンクしています。トヨタのHPですから、かなりのトラフィックがあるでしょう。甘すぎます。

ということです。とにかくトヨタはKINTO推しなのです。KINTOの審査会社は親会社のトヨタファイナンスですが、トヨタファイナンスはトヨタが親会社。おじいちゃん(トヨタ)は孫(KINTO)に甘いんです。

審査が甘い理由4:返却後は中古車として販売

KINTOでは返却された車はトヨタの認定中古車として販売されます。実はディーラーにとって、中古車の販売は結構大きな収入源。そのディーラーにKINTOが中古車を卸すわけです。しかもその車は、トヨタのディーラーでばっちり整備されてきた車。どんな状態かも一目瞭然。なので販売しやすいんですね。

実際にトヨタのディーラーの人が言ってました。
「中古車で返ってくるのがとてもありがたい」って。

で、なんでこれが審査が甘くなる理由なのかというと、これもトヨタがKINTOを推す理由になるからですね。

KINTOはディーラーの協力があってこそのサービス。ディーラーには少しでも利益を取ってもらったほうがいいので、こういうのも推進していきたいんですね。

審査が甘い理由5:個人信用情報機関の照会数が1機関

KINTOの審査の際に照会する個人信用情報機関は1機関です。こちらについてはすぐ後の項目で解説します。

個人信用情報機関って何?

KINTOなどのカーリースだけではなく、審査の際には名前を聞くことが多い個人信用情報機関。これは個人の信用情報を収集し、管理・提供する組織のことです。主に、金融機関やクレジットカード会社、消費者金融などが、融資やクレジットサービスを提供する際に、顧客の信用状態を確認するために利用します。信用情報ってのは、クレジットカードの利用履歴、ローンの借入れ状況、返済履歴など。つまり遅滞なくちゃんと払ってるかーっていう情報を集めている機関です。まあ早い話、金融機関と連携してブラックリストを管理している団体ってことですね。

日本に3つある個人信用情報機関

日本には3つの個人情報信用機関があります。なんで3つもあるのかというのはよく分かりませんが、それぞれ独立した機関で強みも違います。

 

CIC。クレジットカード、ローン、携帯電話の利用情報など幅広いデータを管理。組織としては株式会社。ここを使っているところが多い。KINTOが照会するのはこちら。

 

JICC。日本信用情報機構。クレジットカードや消費者金融の利用情報を扱う。こちらも組織としては株式会社。

 

KSC。全国銀行個人信用情報センター(KSC)は全国銀行協会(JBA)の一部門。当然ながら、銀行間での個人信用情報に強い。該当サイトではKSCとの記載は無いが、一般的にKSCと呼ばれているっぽい。

審査難易度の差は照会数

KINTOでは個人信用情報機関の照会がCICのみ。逆に言えばCICに悪い評価を受けて無ければ、JICCやKSCで悪い評価を受けていたとしても大丈夫。他のカーリースやローンでは、だいたい3つの個人情報信用機関に照会するのでその分、審査が難しくなります。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

他社カーリース、ローンと比較したKINTOの審査難易度

ここでは他社のカーリース、銀行ローン、KINTOなど一般的な車の審査について難易度を含めて解説します。

難易度 Lv.5:銀行ローン

やはり銀行ローンは難易度高し!当然、個人情報信用機関も3機関全部照会するのが普通だし、年収や勤務状況などの審査も高く、フリーターや学生、主婦ではまず通りません。その分、金利は安いですが、利用するには結構ハードルが高めです。一流企業にお勤めの方なら難なく通るでしょう。

難易度 Lv.4:一般のカーローン、カーリース

一般的なカーローン、つまりはディーラーで勧められるローンや、KINTO以外の他社カーリースは一般的に個人情報信用機関を3機関照会すると言われています。ただし年収や勤務状況などの審査は銀行ローンよりは緩め。

難易度 Lv.3:KINTO

KINTOは個人情報信用機関の照会がCICのみ。年収や勤務状況なども銀行ローンや他社カーリースよりも緩めと言われており、比較的審査が通りやすい。やはりトヨタパワー?

難易度 Lv.2:自社ローン

ディーラー以外の車屋さん、主に中古車販売店がやってるやつ。信販会社は直接通さず、自社でローンを組んでます。形態としては、販売店が貸金業の資格を持ってるか、資格なしの販売店が金利を取らずに手数料を取るかのどっちかです。貸金業の資格が無く金利を取ったら違法なので。

とにかく自社ローンは、自分のところの車を売りたいし、金利や手数料も取れるので審査はかなり緩い。個人情報信用機関の照会をしないところもあります。一見良さげですが、金利は高いのが一般的です。

難易度 Lv.1:noruca

norucaというカーリース、こちらはとにかく審査が甘い!なんと審査通過率95%というすごいところ。

なんでこんなに審査がザルなのかというと、MCSSという遠隔操作デバイスが付いているから。このMCSSはなんと遠隔でエンジンがかからないようにすることが出来るデバイス。つまり支払いが滞ったユーザーの車を乗れなく出来ちゃう。さらにはGPSで車の場所を突き止めることが出来、合鍵で車を取り上げることが出来るんです(法的にも大丈夫)。

この機械をエンジンルームに取り付ける。

ユーザーにとっては、リスクになるんだけど、リース会社にとってはリスクが極端に減らせる。なので審査が超甘いんですね。

このnorucaはおそらく他のカーリースで審査が通らなかった人が多く申し込んでいます。それにも関わらず審査通過率95%ってことで、早い話ほぼほぼどんな人も通る。それでいてそんなに月額利用料が高くない。KINTOと比べると少し安いぐらい。ただし最初に頭金がかかるのと、任意保険はついてないので結果的にはnorucaの方が高くなるけど。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

審査申し込みから納車までの流れ

ここでは審査の申込みから納車までの流れを簡単に。詳しくはKINTOの必要書類は?で詳しく書いてますのでそちらを参考に。

1.乗りたい車を選んで見積り
まずはWEBで乗りたい車、契約年数、ボーナス払いの有無、オプションなどを選択して見積もりを出します。WEBでオンタイムで見積もりが出ます。

2.審査申し込み・契約
見積もりが出て、それで良ければ審査申し込み。住所氏名などを入力、お世話になる販売店を選択し、免許証の画像をアップロードします。これで審査申し込みは完了。2~3日待ちましょう。

3.審査が通過したら必要書類の提出
無事、審査が通過したら必要書類を準備して提出しましょう。納車まで数ヶ月あるのでゆっくり揃えればOK。必要書類は印鑑証明書と車庫証明関連の書類です。基本的に必要書類の詳細は郵送されてくるので問題なし。

4.販売店で納車!
後は納車を待つだけ!販売店に車を取りに行きましょう。

審査に通った人の口コミ

KINTOの審査に通過した人たちの声がXに投稿されていますので、紹介したいと思います。思ったよりすごく早く通過しているみたい。

30分で審査通過

 

30分で審査通過 Part2

 

7分で審査通過

 

5分で審査通過

 

1分で審査通過!ほんとにちゃんと見てるのか?

 

法人の審査通過

 

学生でも審査通過

 

でも落ちてる人も・・・

 

とまあ、審査に落ちている人もおられますが、通過した人たちは数分以内に審査通過しているようですね。早い!あなたも今、審査申し込みしたら数分後には結果が出るってことです。すごい!審査に通過したからと言って必ず契約しなくちゃダメってワケではないので、とりあえず審査通してみるのもいいかもしれませんね。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

KINTOの審査についてのQ&A

ここでは上記で書ききれなかったKINTOの審査についての疑問を解消していきます。

Q:仮審査はできますか?
A:出来ません。いきなり本審査となります。

Q:KINTOの審査時間は?
A:申し込んでから3営業日以内を目安としているそうですが、早い人なら数分で返事が来ているようです。

Q:審査に落ちた理由は教えてもらえる?
A:残念ですが教えてもらえません。自分で想像するしかない。もう一度、この記事を読んでなんで落ちたか考えてみてください。

Q:年収を多く、借入金を少なく申請しても大丈夫?
A:駄目です!私文書偽造罪で違法、最悪逮捕です。

おまけ:年収とKINTOで乗れる車一覧

最後におまけとして、年収とおおよそ審査が通りそうな支払総額、車種をご紹介します。月額の金額はボーナス払い無しの場合、乗れる車は一番安いグレードで7年契約、オプション無しの場合です。ただしレクサス車は3年契約のみ。

 

年収とKINTOで乗れる車

年収 支払上限金額と乗れる車
200万円 年66万円/月5.5万円

ヤリス、ヤリスクロス、ルーミー、
アクア、カローラシリーズ、
ライズ、ノア、プリウスなど

300万円 年100万円/月8.3万円

ハリアー、RAV4、アルファードなど

400万円 年133万円/月11万円

ヴェルファイア、クラウンスポーツ、
クラウンクロスオーバーなど

500万円 年167万円/月14万円

クラウン、レクサスRX、
レクサスIS、レクサスLBXなど

600万円 年200万円/月17万円

ほぼすべての車種

KINTOなら年収300万円でもアルファードに乗れる可能性があるんですね。これはかなり選択肢が広がります。ローンじゃ通らないですもんね。もちろん他の条件も審査は影響してきますが、それでもこの年収でこのクラスの車に乗れるのはKINTOって夢があるなぁ。

まとめ&注目ポイント

最後にKINTOの審査に関することをまとめ、注目ポイントを列挙していきます。

  • 年収200万円が審査通過の目安
  • 支払額は収入の1/3
  • 落ちたら車のグレードを下げよう
  • それでも落ちたら家族に代わりに契約してもらおう
  • KINTOの審査が甘いのはトヨタがKINTO推しだから
  • 審査は早ければ5分以内に完了する

となります。もしKINTOが気になってるならまずは審査を通してみましょう。一回落ちたからと言って、次が通りにくくなるわけではないので、あまり気になさらずに。早ければ数分後には結果が出てますよ!

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

よく読まれている記事