トヨタのサブスクKINTOでは、走行距離制限があります。ほぼすべてのカーリース、サブスクで距離制限はありますので、別段珍しいことではありませんが、KINTOでも月間1500kmの走行距離制限があります。1日平均だと30kmになりますが走行距離が超過しちゃったらどうなるのでしょうか?

超過したら超過料金が・・・

とは言え、普通のドライバーならそんなに気にすることではありません。なぜ気にしなくていいのかも踏まえ、詳しく解説していきますね。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

KINTOでは走行距離制限を超過したら超過料金がかかる

契約終了して車を返却する時に距離制限を超過していたら、超過分の追加料金がかかります。

超過料金:1kmあたり11円

となります。11円/kmって言われてもピンと来ないかもしれませんが、1万キロ超過で11万円です

11万円って聞くと、ちょっとビビりますよね。でも後述しますが、基本的には1,500km/月はかなり余裕のある設定です。1年で18,000kmです。そんなに運転する人も少ないのではないでしょうか。それに1万キロ超過で11万円の追加料金ならまあまあ良心的な感じかなと思いますしね。

超過料金は契約終了後、車の返却時に精算されます。(ちなみに車の状態、例えば車内が著しく汚れていたり、事故を放置していたりしていたら清掃費用や修理費用を請求されることがあります。基本現状復帰なので気をつけてください。粘着テープの後なども気をつけて!)

7年契約だと12万km以上!距離制限は余裕がある

距離制限は一ヶ月あたり1,500kmとなっていますが、もちろんこれは、一ヶ月に1,500km超えたら即時追加料金!って訳ではなく1,500km×契約月数になります。

各プランごとの距離制限

プラン 距離制限
 3年プラン 54,000km
5年プラン 90,000km
 7年プラン 126,000km

KINTOの場合、毎月厳格に1,500kmを守らなくちゃならないんじゃなくて、契約期間の間で距離制限を超えなければ大丈夫。だから極端な話3年プランだと、最初の一ヶ月で53,000km走っても、後のほぼ3年間、一切乗らなければ超過料金は取られません。まあそんな人はいないと思いますが。

一般ドライバーはどのくらい走る?

先程もお伝えした通り、年間18,000kmの距離制限ですが、超過についてはそこまで心配しなくてもいいと思います。下の表は一般的なドライバーが年間どのくらい走るかの調査結果です。

一般ドライバーの年間の平均走行距離

  平均走行距離 
 男性 7,045km
 女性 6,408km
 全体 6,727km
KINTOの距離制限 18,000km

ソニー損保「2022年 全国カーライフ実態調査」より

一般的なドライバーは年間7,000km。それに対し距離制限は18,000km。2倍以上あります。意外とほとんどのドライバーが1万km以上走らないことが分かりますね。一般ドライバーの全体平均が月にして約560kmですから、KINTOの走行距離制限はざっくり3倍ぐらいあるということです。

 

図で示すとこんな感じ

十分余裕がありますね。もちろん通勤距離が長い人や、休日に遠出する人などは一般的なドライバーより走行距離が伸びることになりますが、18,000kmを超える人は稀でしょう。なのでよほど走る人でない限り心配はなさそうです。

年間であなたはどのくらい走る?走行距離の目安

さてあなたは一体どのくらいの走行距離を走るのでしょう?ある程度の目安をご紹介します。

通勤や通学の走行距離は?

国土交通省総合政策局のデータによるとマイカー通勤の平均距離は片道10.5kmだそうです。年間就業日数を250日と考えると、往復で年間約5,000kmとなりますね。大学などへの通学は、休日は会社よりも多いのが一般的なので、もっと少なくなるでしょう。

近所への買い物や病院通いの走行距離は?

主婦など主にご家庭におられる方の想定で、週に4回、近所のスーパーマーケットや病院に通われる場合を想定しました。片道5kmの場所へ週4回行くとなると、年間往復で2,600kmとなります。

休日のドライブの走行距離は?

最後に休日にドライブする場合を想定。月に2回、片道100km程度のドライブをすると想定すると、年間で4,800kmとなります。毎週ドライブに行くなら二倍ですね。

走行距離を全部合計してみると

もし仮にこれを全部足してみても、5,000+2,600+4,800=12,400kmってことで、年間走行距離制限の18,000kmまでまだ5,600kmも余ります。実際には通勤と日々の買い物を同時には出来ないので、実際の走行距離はもっと少なくなるでしょう。つまり結構余裕があるわけです。

シミュレーションしてみましょう

とは言え、通勤で片道20km超える人や、頻繁に長距離ドライブする人もおられると思うので、シミュレーションを作ってみました。下の欄に数字を入れると年間の走行距離が計算されます。平日は週5日、休日は週2日、1年52週間で計算しています。

年間の走行距離計算ツール

例えば通勤に20km、休日は平均して30km走るとすると、年間合計8,320kmってな具合に表示されます。長期休暇や祝日は考慮に入れていません。あくまで目安ということで。

なぜ走行距離制限がある?その理由とは

KINTOにはなぜ距離制限があるのでしょうか、という一見当たり前な質問に真面目に答えてみたいと思います。

なぜ距離制限があるのか?

  • タイヤ、オイルなどの消耗品交換が頻繁になるため
  • 走行距離で車の価値が下がるため

KINTOではタイヤ交換やオイル交換など、走行距離がかさむと増えるメンテナンスが無料で受けられます。なのである一定の距離制限を設けないとこれらのコストが上がっていくわけです。極端な話、毎月3万km走られると、毎月タイヤ交換しなきゃならないわけです。

もう一つは車の価値が下がることです。KINTOで契約終了した車はディーラーで中古車として販売されます。そのとき、走行距離が伸びてれば伸びてる分、中古車価格が下落します。KINTOとしては、返却された車を中古車で販売するところまでをビジネスプランに組み込んで、安い価格帯を実現しているので、走行距離が伸びちゃうのは死活問題なのですね。KINTOだけではなく、どのカーリースにも走行距離制限があるのはそういう意味合いがあるわけです。

他のカーリースの走行距離制限は?

KINTOだけではなく、他のカーリースの走行距離制限も見てみましょう。

  走行距離制限 
 KINTO 1,500km 
SOMPOで乗ーる   500 or 1,000km
定額カルモくん  1,500km 
オリックスカーリース  2,000km
オートフラット 
2,500km

SOMPOで乗ーるの場合は走行距離制限を選択できます。もちろん1,000kmのほうが高くなります。オリックスカーリース、オートフラットは2,000km以上で距離乗る人はこっちもいいかも。任意保険は付かないけど。全体的にはKINTOは真ん中ぐらいの走行距離制限ですね。

KINTO法人契約の走行距離制限は?

さて走行距離の制限について、いろいろとお伝えしてきましたが、KINTOには個人契約だけではなく法人契約もあります。法人契約の場合、走行距離制限はどうなるのでしょう?

法人契約も個人契約と同じ条件

となります。月1,500kmは変わらず。法人の場合は稼働日数が平日に限られますが、営業者として利用する場合、結構な距離を走ることもあるでしょう。なのでそれぞれの事業所の営業範囲を鑑みて、1,500kmで大丈夫かどうか確かめてから契約してください。法人契約のKINTOは魅力がありますが、走行距離が長くなるなら購入したほうがいいかもしれません。

参考:KINTO 法人契約のウラ技と8つのメリット

KINTOの走行距離制限に関する評判

走行距離に関して呟いているXの投稿をいくつか集めてみました。

とまあ、こんな感じ。好意的な人も否定的な人もおられます。やっぱその人のライフスタイルによって問題になるかならないかってところですかね。

まとめ

以上をまとめますと・・・

  • 距離制限を超過したら11円/kmの追加料金がかかる
  • KINTOの走行距離制限は月1,500km、年間18,000km
  • 一般ドライバーは平均7000kmしか走らないので心配は少ない
  • どのくらい走るかはシミュレーションしてみて

となります。参考になれば幸いです。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

動画で解説

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

よく読まれている記事