KINTOは中古の取り扱いがあります

トヨタのサブスクKINTOでは中古車の取り扱いがあります。どんな中古車を取り扱っているかは、KINTOの中古車専門サイトKINTO ONEもしくはKINTO公式サイトからリンクを辿ってください。


公式サイトにこんなリンクがあります

 

KINTOは最初は新車だけだったのですが、中古車も取り扱うようになりましたね。車を選ぶ幅が広がったことはユーザーに取って喜ばしいことですね。

 

しかし!

KINTOが中古車を取り扱うようになったからと言って、手放しで喜べるわけではありません。ここではKINTOの中古車専門サイトKINTO ONEが、新車のKINTOと比べてどのようなメリット・デメリットがあるか紹介したいと思います。

まずはKINTO ONE(中古車)のデメリットから

まずはKINTOで中古車を選ぶ際のデメリットを列記していきます。3つあります。

デメリット1:まずは東京限定らしい

KINTO ONE(中古車)は、まずはお試し期間ってことで、東京限定らしいです。新車は全国。

個人:住所、使用場所の両方が東京都にある人
法人:使用場所が東京都にある法人

使用場所とは、ざっくり言えば駐車場の場所のことです。住所が東京でも、駐車場が埼玉などの場合はアウト。だからと言って、通勤や遊びで他県に行っちゃダメ!ってことは無いです。使用方法はなんでもOK(電話確認済み)。

デメリット2:中古だからって安くない!

中古車だからと言って必ずしも安いわけじゃないんです。不思議なことに・・・

在庫一覧をくまなく調べてみましたが、新車より安いのがほぼ無かった・・・

 

例えばシエンタ。

グレードはG GAS1.5L 2WD 7人乗り

まずは新車

解約金フリープランだと、月々44,000円、初期費用247,500円

 

一方、中古車

同じグレード、走行距離6,972kmだと、月々47,740円、初期費用286,440円

 

シエンタの月額料金
新車:44,000円
中古:47,740円

というわけで、月々、初期費用ともに何故か中古の方が高いんです。

他の車種もだいたいこんな感じで中古車の方が高いです。

 

中古車の方が安い例も

中古車の方が安い事例はほとんど見つからないんですが、CH-Rでいい例が見つかりました。

全く同じグレードじゃないですが、
Gクラスのハイブリッド1.8L 2WD 5人乗り

新車

解約金フリープランで、月々50,930円、初期費用286,990円

 

一方、中古車

走行距離40,043kmで、月々48,290円、初期費用289,740円

 

CH-Rの月額料金
新車:50,930円
中古:48,290円

4万km走ってるのに、中古車の方が月々2,640円安いだけ。初期費用は逆に2,750円高いです。

ちなみに新車は特別仕様の「G Mode-Nero Safety Plus III」ですが、中古車の「G」と新車価格は同じです。

 

価格を表にまとめてみました。安い方を青高い方を赤にしています。

シエンタ
中古は6,972km
C-HR
中古は40,043km
月々 新車 44,000 50,930
中古車 47,740 48,290
初期費用 新車 247,500 286,990
中古車 286,440 289,740

一目瞭然、新車の方が安いです。価格で判断するなら中古車を選ぶメリットは無いと思います。

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

デメリット3:プランが解約金フリープランのみ

KINTO(新車)は解約金フリープランと、初期費用フリープランがあります。初期費用フリープランはその名の通り初期費用がかかりません。

途中解約しないなら初期費用フリープランの方がお得なんですが・・・

KINTO ONE(中古車)では解約金フリープランのみ

これは選ぶ方からはあまりいいことではありません。

 

KINTO ONE(中古車)のメリット

上でデメリットを3つ書きましたが、メリットもあるにはあるので、そちらを紹介しますね。

メリット1:納期が短い

中古車の方がすぐに在庫があるってことで、納期が早くなっています。

KINTO(新車)はだいたい1.5~2ヶ月程度
KINTO ONE(中古車)はだいたい1.5ヶ月

ってことで、若干中古車のほうが納期が短いです。

まあ大して変わんないけど・・・

メリット2:ラインナップが豊富

KINTO ONE(中古車)の一番のメリットはラインナップが豊富なこと。

例えばKINTO(新車)には設定がないヴォクシー”煌”

煌はKINTO ONE(中古車)にのみラインナップがあります。普通のヴォクシーは新車にもあるんだけど、煌は中古車のみ。

 

さらにはRAV4

RAV4は新車では設定がありません(2022.9現在)。なのでRAV4に乗りたい場合は中古を選ぶことになります。

メリット3:中古は2年契約です

KINTO ONE(中古車)は2年契約のみです。

契約満了後、そのまま継続することも出来るので、最初から長く使う気がない人はいいかもしれません。

ただ、新車の3年契約で、解約金フリープランにしたほうが、値段も安いし、途中で解約しても手数料取られないです。こちらもメリットとは言えないかもしれません。

まとめ

以上のことをまとめますと・・・

KINTO ONE(中古車)はあまりメリットがない!

一日でも早く車に乗りたい場合や、新車でラインナップが無い車種、グレードによっては選ぶ価値ありかもしれません。それ以外なら新車がオススメです。

現在は、あまり中古車を選ぶメリットはありませんが、今後はタマ数も多くなって、価格も改善されるかもしれませんね。

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

動画で解説

以上の解説を動画でも解説していますので、良かったらご覧ください。

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

よく読まれている記事