KINTOで借りている車を運転中、事故を起こしたらどうなるのでしょう?修理費は?契約はどうなる?など不安なこともあると思いますが・・・

  • 軽い事故   → 修理の必要なし
  • 中程度の事故 → 修理費の自己負担は最大5万円
  • 全損事故   → 強制解約

となります。詳しく解説していきますね。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

軽い事故:1cm以内の傷や凹みの場合

例えば駐車場のドアパンチや、自分でなにかぶつけてしまった場合など、事故とも言えないほどの軽い事故の場合は修理しなくてもOKです。下の画像を御覧ください。

 

上の図はKINTOの公式サイトから転載したもので、きっちり明示されています。傷や凹みが1cm以内の場合なら、直さなくても大丈夫。契約終了後、返却時に1cm以下の傷やへこみがあっても、修理代を請求されることはありませんし、文句も言われません。なのでキズを付けたときにもうすぐ契約が切れる時期なら、キズや凹み自体は放っといてもいいと思います(念のためKINTOもしくはディーラーには連絡しておきましょう)。

一方、契約時期が結構あるなら直さないと気分的にイヤですね・・・。傷ついた車のまま乗らないといけないわけです。キズが付いて、まだ契約期間が長く残ってるならディーラーに相談してみましょう。修理費用に5万円以上はかかりませんし、5万円以下で直るなら実費のみの請求になります。

傷や凹み、自分で修理しても大丈夫?

ぶつけた程度の小さな傷程度ならタッチペンでちょちょっと塗れば目立たなくなるし、軽い凹みなら板金屋さんで1万円ぐらいで修理できちゃう。後述しますが、ディーラーで修理してもらうとなると最大5万円の自己負担金がかかります。自分で修理しても(ちゃんと直れば)文句は言われないと思いますが、一応はディーラーに相談したほうがいいかも。いいディーラーさんの場合は傷程度なら自前のタッチペンを塗ってくれますし、板金屋での修理を勧めてくれたりします。お互いの信頼関係のためにも、ディーラーさんには真摯に対応しましょう。

中程度の事故:1cm以上、全損にならないまで

事故が中程度で、こりゃあどう考えても直さなきゃって場合。レベルで言えばこのレベル。

こちらもKINTOの公式サイトから転載したものです。これ以上の傷や凹みの場合は修理しないとダメ。もう少し激しい事故、例えばバンパー交換やドア取替などでももちろん修理が必要です。

修理代の自己負担金は最大5万円

事故を起こして修理が必要な場合、修理代がいくらかかるか心配ですよね。でもそこはあまり心配しなくても大丈夫。修理代の自己負担金は最大5万円です。例えば修理代が100万円かかったとしても、車が直るなら5万円以上は請求されません。

これくらい激しい事故でも、修理できたら自己負担金は5万円

もちろん修理代が5万円以下の場合は、実費しか請求されません。なので事故に対してはかなり良心的な対応です。とは言え5万円取られるのも辛いので、なるべく事故は起こさないようにしましょう。最新の車は安全機能が充実しているので、事故を起こす確率も少なくなっています。KINTOの車はもちろん最新の新車なので、事故のリスクは少ないと言えますね。

全損・廃車レベルの事故、盗難の場合

大きな事故で修理が出来ないほどのダメージを車が受けた場合、全損となります。全損のときは強制的に契約終了となります。ただし違約金などは不要です。

悲しいですが、その後、継続して契約することは出来ません。ただし、全損の場合は違約金や損害賠償金は不要です。修理費用の5万円すらかかりません。また契約解除となるから途中解約料がかかる?と思われるかもしれませんがそれも不要です。強制的に解約となりますが、お金を払う必要はありません。

車が盗難されたときも、扱いは全損と同じになり、強制解約となります。盗難されたらすぐに警察とKINTOに連絡しましょう。

正直、ほとんどの他のカーリースでは、全損や盗難の場合は請求額がすごいことになります。契約前は「その時は相談してね」みたいな感じでごまかされますが、基本そのときの車の価値分の請求になります。もちろん自分で任意保険に入っていれば問題ないです(等級は下がります)。KINTOならそういう心配も皆無です。

どこまで行ったら廃車?廃車には2種類ある

実は廃車という意味は二種類あります。物理的廃車と経済的廃車です。物理的廃車はその名の通り、もう直せないってレベルのこと。シャシーが曲がったり、エンジンがクラッシュしたりして、こりゃあスクラップだなってところまで行けば物理的廃車。

もう一つの経済的廃車は、例えば車の価値が150万円だとして、修理費に200万円かかるとしたら、修理しても損するので廃車となります。経済的廃車になったときは「まだ直せるじゃん」と思ってしまうかもしれませんが、直す価値なしと判断されて廃車となってしまいます。判断するのは車の所有者であるKINTOになります。

再契約は出来る?

全損や盗難になった場合、契約は一旦解除となります。一応、再契約は出来ることになっていますが、再度審査を通す必要があります。再審査の基準は明記されていませんが、おそらく事故の状況も加味されるかと思います。もらい事故で全損なら通りやすいけど、無謀運転による自損事故とかなら通らない可能性がありますね。まあこの辺りは実際に審査を受けてみないと分かりませんが、事故が審査に有利に働くことはないでしょう。

KINTOで事故時の疑問点

以上、事故を起こしたときのKINTOの対応などをお伝えしてきましたが、カバーしきれなかったちょっと気になる点などを詳しく解説していきます。

もらい事故はどうなる?

例えば後ろから追突されるいわゆる「おかま事故」や、停車中にぶつけられた、センターラインを割ってきた車とぶつかった場合などのもらい事故の場合。基本的には過失割合が100:0になるのでこちらは修理代はもちろんのこと、自己負担金も支払う必要はありません。だってKINTOの保険も払わなくていいから。こういう事故の場合、怪我をしたときの休業補償や治療費なども相手方に請求することになりますが、KINTOと契約している保険会社が対応してくれますので安心。

ただし過失割合が100:0じゃない場合、例えば「おかま事故」だけど急ブレーキをかけたなど、こちらにもある程度の過失がある場合は修理費用が発生しますので、自己負担金を払う必要が出てきます。

駐車場などで傷つけられたらどうなる?

こちらももらい事故同様、自分はまったく悪くないです。ただ犯人が見つからない場合は修理費用は自分持ちが原則。だって払ってくれる人がいないから。もちろんKINTOの場合は自己負担金5万円以内です。自分は悪くないのに5万円以内とは言え、払うことになるなんて釈然としてませんが仕方ないです。

自損事故はどうなる?

相手がいない自損事故。もちろんこれも保険適用され、自己負担金は5万円以内になります。「おめー自分で事故しといて修理代負担しろって何事だ!」とは言われません。ちゃんと保険適用されますのでご安心を。

事故を起こしたら違約金は?月額利用料は?

万が一、KINTO契約中に事故を起こしてしまったとしても、違約金がかかったり、月額利用料が上がったりはしません。とにかく修理費用の自己負担分の5万円が最大です。

事故後の契約は?

事故を起こしても修理が可能な状態であれば、契約はそのまま継続されます。上述の通り月額利用料はそのままだし、契約切られちゃうんじゃないかって心配されているのであればご安心くださいませ。逆に言うと全損じゃない場合、契約終了したくても、違約金を払わない限りは解約出来ません。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

KINTOの任意保険は結構すごい

事故を起こした時、気になるのはKINTOの任意保険の内容。これが実は結構すごいので紹介しておきます。

KINTOの保険内容

対人はもとより、対物も無制限になっています。対物無制限はやり過ぎ?と思うかもしれませんが、フェラーリとぶつかる可能性も無きにしもあらず。手厚いのに越したことは無いです。運転者、同乗者の怪我も5000万円まで補償。いくら生死にかかわる事故であっても、5000万円あれば入院費も手術代も賄えるでしょう。後はさんざん言ってますが車の修理費用の自己負担は5万円です。修理に100万かかっても5万円で直ります。

事故を起こした時、KINTOで受けられるサービスいろいろ

KINTOでは事故を起こしたときに無料で受けられるサービスがいろいろあります。結構手厚いのでこれだけを目当てにKINTOにされる方も多いですね。

代車としてレンタカーが無料で使える

事故を起こして車が修理になった場合、事故後30日間はレンタカーが無料で使えます。修理はほとんどの場合、30日間もかからないので、期間としては十分です。

事故を起こしても代車があるのは便利

しかも全損・廃車で契約解除になった場合も、30日間はレンタカーサービスが受けられます。なんか申し訳ないような気もしますがね・・・ まあもらえるものはもらっておきましょう。

ロードサービスも使える

事故を起こしたときのロードサービスもKINTOはコミコミなのです。レッカー車を呼んでも無料だし、パンクやバッテリーあがりなどでロードサービス呼んでも無料です。こちらも安心ですね。

弁護士費用も無料

仮に人身事故などを起こしてしまった場合、裁判になることがあります。KINTOでは弁護士費用も150万円までは受けられます。またもらい事故などでこちらが損害賠償請求をする場合、300万円まで弁護士費用を負担してくれます。

弁護士に依頼するって、いくら取られるかなんだか怖いですもんね。補償してくれるなら安心して依頼できますね。

事故現場アシスト

多くの人が事故なんて経験したことが無いでしょう。事故を起こしてしまった場合、どうしていいか分からないことが多い。そんなときも安心です。専門スタッフが電話でアドバイスしてくれます。

また、要望に応じて病院への各種手配や、被害者への連絡などの初期対応もやってくれると。かなり至れり尽くせりですね。

他のカーリースとの事故対応の比較

ここでは他のカーリースとの事故時の対応比較をしてみます。

  全損のとき 修理費用 事故したら返却時は?
KINTO 強制的に解約
違約金なし
最大5万円 特に問題なし
楽まる 車両費を弁償 自腹で修理 請求の可能性あり
SOMPOで乗ーる
リースナブル
定額カルモくん
ニコノリ
MOTA 要相談 車がもらえるので返却なし

早い話、事故を起こしたらカーリースでは・・・

  • KINTO以外は全損で車代金を弁償
  • KINTO以外は自腹で修理(自分の任意保険は使えます)
  • KINTO以外は返却時、支払いが必要の可能性大(事故の度合いによる)

ということです。なんでここまで対応が違うのかと言うと、KINTOはサブスク、他のはカーリースだからだと思います。車両費だけじゃなく任意保険まで全部コミコミでやってるKINTOなので、もし車に問題があったとしても、そのあたりは全て丸め込んでいるのでしょう。あとKINTOはトヨタだから・・・ やっぱ資金力が違います。手厚いサービスにしてユーザーを確保するということでしょうね。また組んでるのが東京海上日動でこちらも大会社。やっぱ大会社は強いなぁ。

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

事故を起こした時の対応

事故を起こしてしまったとき、どのように対応すればいいか書いていきますね。

  1. まずはけが人の救護
  2. 事故車を安全な場所へ
  3. 警察に連絡する
  4. 相手を確認、免許書など見せ合う
  5. 保険会社のコールセンターに電話

何はともあれ、まずはけが人の救護が必要です。必要があれば救急車も呼びましょう。次に事故車を安全な場所へ移動します。交通の妨げにならないよう、道路の端に寄せてください。動かない場合は仕方ないのでそのままで。

小さな事故でも必ず警察は呼びましょう。そして警察を待ってる間、事故相手の氏名、住所など確認。免許証やナンバープレートをメモするか、写真を撮影しましょう。

最後に保険会社に電話します。

東京海上日動・KINTO事故受付センター
0120-137-160(年中無休・24時間受付)

事故を起こした時の対応を覚えておくのは大切ですが、何より事故を起こさないようにしてくださいね。

事故を起こしたらどうなる?フローチャート

KINTOで事故を起こしたらどうなるか、フローチャートを作成してみました。

つまり放置するか、修理するか、契約解除か、いずれかになります。どのパターンでもユーザーに大きな負担がかかることは無いようになっています。

Q&A

ここでは上記では説明しきれなかった、KINTOの事故関係でよくある質問をQ&A方式で回答していきますね。

Q:法人契約の場合はどうなるの?
A:法人契約であっても扱いは同じです。法人契約では役職員とその家族に保険が適用されますので、社員が運転して事故っても大丈夫。
トヨタのサブスクKINTO 法人契約のウラ技と8つのメリット

Q:修理時の整備工場はどこですか?
A:基本的には契約の際、納車されたディーラーになります。遠方で事故にあった場合などはKINTOコールセンターに相談してください。

Q:別で任意保険に入った方がいい?
A:入ってもいいですが、お金の無駄になります。KINTOの保険で十分手厚いし、事故を起こしても二重払いはされません。他社のカーリースでは任意保険加入は必須です。

Q:何度事故を起こしても大丈夫?
A:基本、何度起こしてもその都度同じ補償が受けられます。まさに事故り放題!(笑)。でも何度も事故を起こすようなら、運転自体を考え直したほうが良いでしょう。命が一番大切です。あとディーラーには嫌な顔されます。

まとめ

KINTOで事故を起こした際のまとめになります。

  • 1cm以内の傷、凹みは修理の必要なし
  • 修理費用は最大5万円
  • 全損の場合は強制的に解約
  • ロードサービスや代車も無料で用意してくれる
  • 他のカーリースは事故ったら結構お金かかる

以上、参考になれば幸いです。

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

動画で解説

 

KINTO公式サイト

KINTOの車種ラインナップ一覧

 

よく読まれている記事