女性は常にオシャレでありたい。着るもの、身につけるものはもちろん、乗る車だって。というわけで、50代の女性にぴったりなオシャレな車を国産車から12車種選びました。実用性の高い小さめの車から、乗ってたら超かっこいい!という大きな車まで。

小さなサイズの車

50代の女性で万人におすすめできるのはやはりサイズが小さめの車。見た目かわいいし、運転もしやすいです。最近の新車は衝突安全性などはどの車も高いので、大きな車の方が安全というのもありませんしね。

マツダ MAZDA2

¥1,548,800~
燃費:28.8km/L(軽油)
ディーゼルあり/公式サイト

昔はデミオと呼ばれていた車です。小さくて取り回しもしやすく、何よりおしゃれ。マツダはデザインセンスに定評があるので、おしゃれセンスはぴかいちかも。

トヨタ ヤリス

1,470,000円~

燃費:36.0km/L
ハイブリッドあり/公式サイト

トヨタのコンパクトカーで、日本で一番売れている車です。デザインも悪くないし、衝突安全機能も標準装備。何と言ってもトヨタですから。ディーラーの対応も◎。

ヤリス乗るならこちらも

スバル インプレッサ

2,299,000円~
燃費:19.4km/L
ハイブリッドあり/公式サイト

スバルのコンパクトカーです。スバルはなかなか通好みのメーカーなので、インプレッサに乗る女性とかかなりかっこいいなぁと思います。

トヨタ ライズ

1,717,000円~
燃費:34.8km/L
ハイブリッドあり/公式サイト

コンパクトなSUVとして人気のライズ。見た目は大きいけど、運転すると実はそうでもなく、車高が高い分、むしろ他のコンパクトカーより運転しやすいです。荷物もたくさん乗りますしね。SUVタイプに乗ってみたい貴女にはおすすめ。

ライズ乗るならこちらも

中ぐらいの大きさの車

いわゆるミッドクラスの車です。このくらいの大きさならまあ運転もしやすいレベル。コンパクトカーより運転してても疲れないし安心感ありますしね。

トヨタ シエンタ

1,950,000円~
燃費:28.8km/L
ハイブリッドあり/公式サイト

とにかくデザインがかわいい車。一応ミニバンのカテゴリですが、そこまでミニバンミニバンしてないのがいいところです。荷物もたくさん乗ります。3列シートも選べますが、普通に5人乗りの方が使い勝手はいいかも。

シエンタ乗るならこちらも

ホンダ フリード

2,330,900円~
燃費:20.9km/L
ハイブリッドあり/公式サイト

シエンタと同じクラスのホンダの小さめミニバン。荷物はたくさん乗りますが、ちょっとデザインが・・・まあ個人の好みなんですが。4人乗り~7人乗りまで選べてバリエーションは豊富です。

トヨタ ヤリスクロス

1,896,000円~
燃費:30.8km/L
ハイブリッドあり/公式サイト

SUVタイプならこちらもおすすめ。お目々がかわいくないですか?中ぐらいのサイズとは言え、そこまで大きくないし、車高が高いから運転もしやすい。荷物も大きめなので、ちょっと多めの買い出しにも余裕で対応できますしね。

ヤリスクロス乗るならこちらも

トヨタ プリウス

3,200,000円~
燃費:28.6km/L
全車ハイブリッド、プラグインハイブリッドあり/公式サイト

昔は高齢者男子の車のイメージがありましたが、デザインをスタイリッシュに一新し、とてもかっこよくなりました。燃費もいいし、しっかり走るし、運転しやすいし、意外と荷物がたくさん詰めるんですよ。荷室が大きいんです。最新の安全装備もついてるから運転も安心。

プリウス乗るならこちらも

レクサス LBX

4,600,000円~
燃費:27.7km/L
ハイブリッドあり/公式サイト

泣く子も黙るレクサス。おしゃれ度はMAX。こんな車から素敵な女性が降りてきたらそりゃあ憧れちゃいますね。この車は「コンパクトラグジュアリー」とレクサスが名乗ってるだけあって、大きさはそこそこ。ヤリスクロスと同じぐらいと考えていただければ。でもラグジュアリー感は断然こちら。お値段も高いですが。

レクサスLBX乗るならこちらも

レクサス IS

4,810,000円~
燃費:18.0km/L
ハイブリッドあり/公式サイト

泣く子も黙るレクサス第二弾。スポーティーなセダンタイプで、かわいさよりもかっこよさが引き立つ車ですね。女性社長に乗ってもらいたい!ほれてまうやろー。

レクサスIS乗るならこちらも

大きな車

色んな意味でちょっとレベル高めの大きな車。運転も大変かもだし、お値段も高めだけど、だからこその、意表を突くおしゃれ。

トヨタランドクルーザー70

4,800,000円
燃費:10.1km/L/公式サイト

こんな車から素敵な女性が降りてきたらそりゃあもう痺れますね。ただしデカいので、運転も大変だろうし、好きじゃなかったら乗れない。ちなみに型は違いますが、女優の蒼井優さんもランクル愛好者。なんかかっこいいですよね。

ランクル乗るならこちらも

日産 フェアレディZ

5,398,800円~
燃費:5.2km/L/公式サイト

こんな車から素敵な女性が降りてきたら・・・(もういい?)。何と言っても名前がフェアレディ、つまり美しい女性、淑女ですからね。ただし、車高も低いし、無駄に早いし、荷物は乗らないし、二人乗りだし、実用性は皆無。好きじゃないと乗れません。前モデルになりますが、長与千種さんもフェアレディZの愛好者。

決めた!

よし、新しい車を買おう!

試乗もしたし、担当者もいい人っぽい
大体の支払い額も、なんとなくわかった

後は、今乗ってる車の査定をしてもらって、
頭金をどれだけ入れて、
毎月どれだけ支払うか決めるだけ

 

つまりは、今の愛車を手放すことになるわけですが・・・

新しい車も良いけど、今まで乗ってきた車もいい車だったんです

 

あんなところや、こんなところにも行った

助手席にはあの子も乗ってくれた
あの人も乗ってくれた

ドライブしながらいろんな話もした

 

そして日々のなんてことないドライブ

コンビニから車に戻る時、駐車場に駐まる自分の車に見惚れたこともあった

 

すべてがキラキラと輝いている思い出

 

せめて高く買い取ってもらいたい・・・

それが今まで多くの思い出をくれた愛車への、最低限の礼儀のような気がします

 

しかし、新しい車を買う時って、ほとんどの人が車を買うディーラーに下取りを出すと思うんです

 

でもご存知の通り、ディーラーでの下取りよりも買い取り専門店の方が高値がつきます

 

決してディーラーがぼったくってるわけではありません

 

彼らは車を売るのが専門

下取りした車はきちんと整備して、自社で認定中古車で売るしか方法を持っていません


一方、買取業者は一般の中古車市場はもちろん、海外輸出やパーツ取りまで様々な販路を持っています

なので特に、下取りなら逆に廃車費用を取られるような車でも、そこそこの値段で買い取ってくれるわけです


正直言って値段じゃないんです

今まで一緒に過ごした愛車が安い金額を付けられるのは、愛車に価値が無いって言われているような、そんな気がしてくるだけ


今までがんばってくれたんだもん

せめて別れの時は、高い評価を付けてあげたい

 

あなたの愛車の査定はいくらでしょうか?