40代・・・若い頃はおっさんだと思ってたけど、自分がいざ40代になってみるとまだまだ若いし、結構イケてんじゃね?と思う。だからこそ40代だからって、おっさんが乗るような車を選びたくないし、だからといって20代が乗るようなチャラい車には乗りたくない。だってもう大人だもん。というわけで、40代男性に乗って欲しい車を国産車から12車種選びました。参考になれば幸いです。

ミニバン&SUV

まずはミニバンとSUV。子供っぽくなく、また家族感が出にくいミニバン、スタイリングがかっこいいSUVなど選びました。

トヨタ ヴェルファイア

6,550,000円~
ハイブリッドあり
燃費:17.7km/L/公式サイト

アルファードとともに2023年に新型が登場したヴェルファイア。特に若者に訴求したデザイン、上質な素材をふんだんに使ったインテリア。家族用にもビジネス用にも使えるヴェルファイアは40代男性が乗りたいミニバンですね。アルファードは50代っぽいから・・・

KINTOは月額〇万円~

レクサス RX

6,660,000円~
ハイブリッドあり
燃費:15.6km/L/公式サイト

泣く子も黙るレクサス。燦然と輝くLのマークだけで大きな注目を浴びるでしょう。ラグジュアリーSUVと呼ぶにふさわしい洗練されたデザインと、上品なインテリア、そして広々とした室内空間と、まさに40代男子ならそこに痺れる!憧れるゥゥゥ!

KINTOは月額〇万円~

トヨタ ハリアー

3,128,000円~
ハイブリッドあり
燃費:26.4km/L/公式サイト

前述のレクサスRXのベース車両で、基本性能はあまり変わらない。なのに価格は半額以下で買える!そりゃデザインやインテリアは違うかもだけど、それでも高級SUVには違いない。そもそも高級SUVの先駆者はハリアーですからね。

KINTOは月額〇万円~

トヨタ クラウンクロスオーバー

4,350,000円~
ハイブリッドあり
燃費:22.4km/L/公式サイト

もうオッサンの車じゃない!スタイリッシュで洗練されたエクステリア。エレガントと言っても過言ではないデザインは、都会の街並みに調和し、高級感を演出していますね。街でクラウンクロスオーバー見つけたら、かっこいいなぁとちょっと見惚れちゃいますし。走行性能は言うまでもがな。

KINTOは月額〇万円~

トヨタ ランドクルーザー70

4,800,000円
燃費:10.1km/L/公式サイト

何と言ってもそのデザイン!昔のランクルのデザインで最新のクオリティで出してくれた夢の車ですね。何と言ってもSUVの王様。40代男性が乗ってるとかっこいい!

KINTOは月額〇万円~

トヨタ bZ4x

5,500,000円~
全車電気自動車
走行距離:567km/公式サイト

一時期はKINTO専用車両だったわけですが、最近では普通に売るようになりました。全車電気自動車で、100万円前後の補助金が出るのも魅力のうち(自治体によって違う)。デザインはかなりスタイリッシュ。特筆すべきはインテリアで、なんと白のシートが選べます。かっこいい!汚したら大変だけど。

KINTOは月額〇◯万円~

スバル レガシィアウトバック

4,257,000円~
燃費:13.0km/L/公式サイト

40代男性にはある意味憧れが強いレガシィというブランドイメージを踏襲した車。昔のレガシィよりは車高高めでSUV感を出しています。燃費はあまり良くないけど、ガソリン車の骨太感が感じられる車です。

セダン

昔は車といえばセダンでしたが、今はSUVにその座を奪われて久しいです。しかし今、セダン復権の兆しあり?ということで、これからはセダン回帰の潮流が出始めています。ホンダアコードも復活するしね。

トヨタ プリウス

3,200,000円~
全車ハイブリッド、プラグインハイブリッドあり
燃費:28.6km/L/公式サイト

ハイブリッドといえばプリウス。何と言ってもハイブリッド車の顔ですな。前モデルまではプリウスミサイルとか言って高齢者の車っていうイメージが強かったけど、デザインを思いっきり若者向けに振ったので、かなりかっこいい。おじいさんのイメージは完全に払拭されました。

KINTOは月額〇万円~

レクサス IS

4,810,000円~
燃費:18.0km/L
ハイブリッドあり/公式サイト

泣く子も黙るレクサス。燦然と輝くLのマークだけで大きな注目を浴びるでしょう(2回目)。元々、アルテッツアがベース車両だっただけに、ラグジュアリー感はもとより走りにもこだわった作り。なによりかっこいいしね!40代でレクサスIS、アリなんじゃないでしょうか。落ち着いた輸入車は50代からでもいい。

KINTOは月額〇万円~

日産 スカイライン

4,569,400円~
燃費:10.0km/L/公式サイト

スカイライン・・・この名前を聞くだけで少し心が沸き立つのは、車好きの40代以上。R32、R33、R34とスカイライン絶頂期と凋落期を目の当たりにしている40代には、今のスカイラインがどう映るか?今のはかっこいいよね。少なくともゴーン社長後に登場したV35に比べたら・・・

スポーツカー

昔はかっこいい車と言えばスポーツカー、モテる車といえばスポーツカー、男の憧れスポーツカーでしたが、今は大いに数を減らしています。それでも乗りたいスポーツカー・・・

マツダ ロードスター

2,898,500円~
燃費:17.2km/L/公式サイト

初代ロードスターが街を席巻していた時期、あなたはいくつだっただろう?40代ということは、少なくとも10代にはなっていたと思う。40代後半の男子にとっては、まさに青春の象徴、友達や先輩が一人ぐらいは乗ってたでしょう。現在4代目ですが、初代を除けば今までで一番かっこいいと思う。

GR86

2,916,000円~
燃費:12.0km/L/公式サイト

登場時は単に86という名前でしたが、今はGR86と変わっています。FRで水平対向4気筒エンジンは235PS(173kW)を絞り出し、6速ミッションとAT仕様があります。純粋なスポーツカーですな。ハチロクといえば藤原とうふ店だけど、圧倒的にパフォーマンスは進化。なんにせよ車好きの章男会長が作ったんだろうなぁという車ですね。

KINTOは月額〇万円~

40代男性が車を選ぶポイント

さていくつか40代男性にふさわしい車を紹介してきましたが、他にもいろいろあると思います。ここでは車を選ぶポイントをまとめましたので良かったら参考にしてみてください。

車選びポイント1:まずはカテゴリ

何はともあれ、どんな車にするかが悩みますね。SUVなのかミニバンなのか、はたまたセダンなのか。家族構成や仕事で使う使わない、自分が満足すればいいのか、家族優先なのか、はたまた若い女性に気に入られる車がいいのか。

家族優先ならミニバン、自己満ならセダンかスポーツカー、モテたい&アウトドア派ならSUVというところでしょうか。

車選びポイント2:デザイン

やっぱ車はデザインですよね。いくら性能がいい、燃費がいい、乗り心地がいいと言われても、ダサい車には乗りたくない。デザインは完全好みなので気に入ればGO、ダメならさよならと言った感じでしょうか。

車選びポイント3:性能

まあここはそれほど重視しなくてもいいかも。今の車の性能は似たりよったり。平均的に全部いいならトヨタ、内装もトヨタ、安全性ならスバルかトヨタ、エンジンフィールなら日産、ホンダ、スバルと言ったところでしょうか。

車選びポイント4:予算

まあぶっちゃけここが一番大事。予算無限なら高額な輸入車にも乗れるし、別に一台にこだわる必要はない。でも世の中の99%の人に、残念ながら予算の壁があります。

こればっかりはどうにもならない!

と思われるかもしれませんが、工夫次第ではなんとかなる。例えばトヨタのサブスクKINTOを利用してみるのも一つの手。任意保険を含む保険料、車検代、税金など全部含んで月額料金で、例えばプリウスなら一万円台から乗れちゃいます。詳しい内容は公式サイトから見てもらいたいのですが、そんなにデメリット無いなぁと言うのが印象だと思いますよ。

 

KINTOにはどんな車がある?

 

 

KINTOって詳しく知ってます?

突然ですが・・・

KINTOって詳しく知ってます?

トヨタのサブスクってことで
CMとかWeb広告とか出てるけど

簡単に言うと

全部コミコミの月額新車

ってことなんです

 

車って車両価格以外にも、
税金、保険、車検、メンテってかかるでしょ?

それら全部ひっくるめて
月額課金なんですね

 

注目なのは任意保険も含まれているところ

月額料金は年齢などによらず誰でも一定なんです

なので任意保険が高い若者にはかなりお得で、
普通に買うより全然安くなる

家族が乗っても保険が効くしね

 

あとは法人契約が多いらしい

毎月支払いが一定になるのと、
社員が乗っても大丈夫だから

 

どんな車があるか?
月額いくらぐらいになるのか?

詳しくはKINTOの公式サイトで確認してみてください

見てみたらイメージわきやすいと思うから

 

KINTO公式サイト

動画で解説

よく読まれている記事